特別企画

2018.05.28

ベントレー・ベンテイガにV8登場 W12とどう違う? 比較試乗で検証

V8とW12 内外装の違いはあるのか

先に明確化しなくてはならないのが、今回追加されたV8モデルは、ベンテイガの単なるエントリーモデルではないということである。そもそもご存知のようにベントレーは、ユーザーの好みを反映させるオプションを駆使したビスポークといってもいいオーダーシステムを採用している。

したがって新車時のオーダー車両は内外装のカラーリングや素材、装備に関し世界に2台とないベントレーというブランドに誰もが期待するクオリティのクルマが出来上がってくる。

もちろんベンテイガV8もこれは同様だ。ついW12とV8の関係を上位グレード/下位グレードと表現してしまいそうになるが、これはシンプルに「搭載エンジンによって異なるキャラクターを持っている」と理解するのが正しいだろう。

それでもストックの状態でW12とV8の識別点を探せば、ブラックアウトされたグリルと新しいデザインのアロイホイール(V8は20インチが標準サイズで、W12は21インチが標準サイズ)、楕円形でシルバーのフィニッシャーを採用したエグゾーストパイプなどに差異を見つけることができるが、これらは前述のとおりオーダー時にいかようにでも変えることが可能だ。

コンチネンタルGTでは、エンブレムにある「Bマーク」のカラーリングでW12とV8を識別可能だったが(W12が黒、V8が赤)、ベンテイガのエンブレムは黒に統一されている。

したがって外観上の特徴はもちろんのこと、装備などで両車を的確に言い当てることはかなり難易度の高い作業となる。日本仕様でいえば、W12ではHDDナビ+TVが標準装備であるの対して、V8ではオプション扱いになっている程度の違いしかない。

そのナビゲーションデータとも連動するアタマの良いACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)やパークアシスト、ナイトビジョン、リアクロッシング・トラフィック・ウオーニングなどラグジュアリーカーに期待される運転支援システムもW12と同様に装備することができる。

next pageW12との走り味の違いは?

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ