特別企画

2018.05.28

ベントレー・ベンテイガにV8登場 W12とどう違う? 比較試乗で検証

W12との走り味の違いは?

重厚感あふれる、それでいて2.5tの重量をものともしないW12の圧倒的なパフォーマンスを味わったあとでV8のステアリングを握れば、ボディは軽やかであり、よりスポーティな印象を抱くことになる。

鼻先の軽さは誰にでも体感可能であり、したがってステアリング操作に瞬時に反応するコーナリングが楽しめる。エンジン単体で50kgの重量差があると聞くが、その効果は伊達ではない。

同時にV8のエグゾーストサウンドが、かなり刺激的にキャビンへと届くことがわかる。ボリュームこそ絞られ洗練されてはいるものの、アメリカンV8もかくやという興奮を呼び起こすなエグゾーストノートだ。

これはエンジン音や排気系のノイズをほとんどシャットアウトしているW12との唯一にして最も大きな違いといえそうだ。遮音性のウインドウを採用するW12に対して一般的なウインドウを持つV8との構造的な差でもある。だからといって、必要以上に高級感が損なわれないのは、例え背が高くてもベンテイガV8がベントレーたる所以だろう。

敢えて違いを表現すれば、W12が質量を無視してどこまでも続くという怒濤の加速を見せるのに対して、V8ではシフトアップとエグゾーストノートにリンクした気持ちの良い加速を体感させてくれる。これはこれでかなり刺激的だ。

真紅のブレーキキャリパーに加え、V8で初めてカーボンセラミックブレーキを用意したのも、ベントレーがこのモデルをスポーティな位置づけとする証明である。

物理法則を無視したかのようにパワーでマスを移動させるW12か、スポーティな加速を楽しませるV8か。優劣ではなく、これは好みの範疇だといってもいい。なにせ、0-100km/h加速は0.4秒の差でしかないのだ。

サーキットでもあるまいし、現実世界においての0.4秒など誤差のようなものだ。両車で異なるのは、最高速到達までの加速時間ぐらいのものであろう。ちなみにW12は最高速度が301km/h、V8が290km/hというデータが掲げられている。

next pageV8とW12 どちらを選ぶべきか

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ