特別企画

2018.07.25

ジャガーXEとEペイス 無給油1000km走行チャレンジ! インジニウム・ディーゼル、記録は?

AUTOCAR JAPAN sponsored by ジャガー・ランドローバー・ジャパン
text:Kenji Sasamoto(笹本健次)
photo & video:Keisuke Maeda(前田恵介)

もくじ

1年で2万km 22.2km/ℓ記録
いざ、九州へ……のはずだったが
7月13日 午前7時26分 出発
いきなり立ちはだかる、御殿場への勾配
約2時間毎に交代、最初の休憩は静岡PA
約1/3を消化 痛恨のミスコース!
遂に北陸道に 半分の500km走破
親不知で夕日を眺める 日本海の魚で舌つづみ
Eペイスが1000km走行を達成
XEは余裕で1000km走行達成 更に記録を伸ばす
驚異的なXEの燃費とまとめ
ジャガー1000kmチャレンジ 参加メンバーの感想
動画で振り返る、ジャガー1000kmチャレンジ

1年で2万km 22.2km/ℓ記録

ジャガーXE Rスポーツを購入してから、約1年が経過した。その顛末は、「ジャガーXEで1年間、2万kmを走る ― まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録」で報告したが、一言でまとめれば、久々のジャガー・ライフを想像以上に良質なXEで楽しませて貰った、ということだ。

この1年間の事象で、ドラスティックに変貌したのは何と言っても燃料価格であろう。読者の皆さんもご承知の通り、昨今の石油価格の高騰は驚くべきものがあり、1年前のレギュラー・ガソリンの価格を、軽油が既に上回っているような状況だ。

わたしの場合、XEのディーゼル・モデルを選択したお陰で、燃費の良さと、軽油の安さが相乗効果となり、燃料費は、それまでの半分になった。こんな嬉しいことはない。

たとえ、将来、EVの時代が来るにしても、一個人としては、今、現在の自分のクルマの使用状況に一番相応しいクルマを購入するのが常道であり、それを実銭したまでであるが。

さて、燃料コストも安く燃費も良く、良い事ずくめのジャガーXEだが、実は、これまでで、最も、良い燃費をたたき出しているのはわたしの女房で、甲府の仕事場から、中央道の上り線を使い、国立府中インターで降りて多摩丘陵を横断し、新百合ヶ丘の自宅まで帰った際の、22.2km/ℓというのが最高である。

XEのカタログ燃費はJC08モードで17.1km/ℓであるから、それと比較しても、かなり良い数値である。

XEの燃料タンク容量が56ℓだから、理論上は1243kmのも長距離を無給油で走れることになるはずだ。

こんなことを考えているうちに、実際に、どのくらいの距離を無給油で走れるのか、トライしたいと考えるようになった。更に、どうせなら、思い切って、無給油で1000km走行にチャレンジしてみようと企画は一気に盛り上がってしまった。

早速、輸入元のジャガー・ランドローバー・ジャパンに話してみると、Eペイスの広報車もあるので、2台で試してみたら、ということになった。

今回のテスト車

1 XE Rスポーツ
2 Eペイス・ファースト・エディション

共に、インジニウム2.0ℓ4気筒180PSターボチャージドディーゼルエンジン。

next pageいざ、九州へ……のはずだったが

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ