ジャガーXEとEペイス 無給油1000km走行チャレンジ! インジニウム・ディーゼル、記録は?

2018.07.25

Eペイスが1000km走行を達成

夕食の後、ガソリンスタンドで、いよいよ給油。皆が固唾をのんで見守る中、45.80ℓが入った。待てよ、ということは、満タンで55ℓだから、9.2ℓの残があることになる。

これまでの平均燃費は、車上のデータでは18.0km/ℓだが、実際は、868.5km÷45.80ℓ=18.96km/ℓで、この数値を考慮して計算すると1043kmまで走行可能となるのだ。一同、何となく狐につままれたような気持になったが、事実は事実である。

実は、後でわかったことだが、XEはディスプレイの表示よりも、厳しく出て、Eペイスは甘めにでる、という傾向があるようだ。何れにせよ、実際に走ってみて、このデータなのだから、胸を張って無給油1000km走行達成と喜びたい。そして、最終的にこの後も、ひたすら走り、関越道赤城PA出口付近で1043km地点を迎えたのである。

さて、一方のXEは、この時点でも、1/4以上が残っており、平均燃費も、25.7km/ℓであるから、1000km走行は当然として、どこまで伸びてゆくのか、予想もつかず、おそらく、到着地の川崎まで、そのまま、着いてしまうのではないかと思われた。

XEは余裕で1000km走行達成 更に記録を伸ばす

米山SAを出発したのは、午後9時13分。1000km走行の達成は間違いなし、となったが、われわれは、まだ、日本海側にいるのだ。これから、上越国境を越えて、川崎まで戻ることを考えると、もう一頑張りしなければならない。

皆、かなり、疲労の色が濃くなってきていたが、最後の元気を振り絞って、ステアリングを握る。交通量がガックリ減った夜の北陸道をひたすら、北上。長岡ジャンクションで、関越道に入る。

程なく、午後10時14分にXEの1000km走行を達成した。この時の燃費は25.4km/ℓ。まだ、300km以上は走れそうなほど、燃料を残しており、本当に恐るべしXE!、という素晴らしいパフォーマンスだった。

さて、最終章は、ひたすら、真夜中の関越道を走りまくる。鶴ヶ島からは、圏央道に入り、八王子ジャンクションを抜けて、府中インターで、高速を降りた。この時、既に、時計の針は翌日の午前1時03分になっていた。

走行距離は1233km、平均燃費は25.5km/ℓであった。この後、直ぐ、燃料警告ランプが残り12%と点灯した。よみうりランドの脇を通り、自宅にたどり着いたのが午前1時27分。長い一日が無事、事故も無く終了した。総走行距離は1245.7km。パネル上の平均燃費は変わらず25.5km/ℓであった。