ジャガーXEとEペイス 無給油1000km走行チャレンジ! インジニウム・ディーゼル、記録は?

2018.07.25

驚異的なXEの燃費とまとめ

翌日、最寄のスタンドでXEのタンクを満タンにすると、軽油51.65ℓが飲み込まれた。と言うことは、燃料の残は4.35ℓであり、この時のオドメーターは1万2482kmを指していたから、実際の燃費は24.17km/ℓとなり、実証できた走行可能距離は1353kmとなった。

Eペイスがパネルより甘めに出るのに対し、XEは厳しめに出ることになったが、これは、通常、わたしが経験しているので違和感はない。

しかし、この1353kmという数値は、毎日XEに乗っているわたしにとっても驚くべきパフォーマンスで、これほどの距離を無給油で走り、しかも、完走後、いやな疲れ方をしていないことにも、感動した。

これは、走る、止まる、曲がるが、全く違和感なく自然に操作できるからこその感覚で、同じような感想を他のクルーも感じていたようだ。と同時に、ジャガー・ランドローバー社が、社運をかけて作り上げた、オールアルミボディ、そして、新設計のインジニウムエンジンを搭載するXEが、如何に革新的であるかも充分に理解できたのである。

これこそが、ジャガーの革新がもたらす新しい伝統の始まりなのだ。この燃費の実現は、軽量アルミボディと、新エンジンだからこそ、達成できたのは言うまでも無い。

一方のEペイスも、実に良く走ってくれた。スタイリッシュな4輪駆動のSUVで、航続距離1000kmなら、何の不満があろうか。

今は、SUV人気が圧倒的な時代である。特に、このEペイスの属するセグメントは、超激戦区で、輸入、国産を問わず、競合は数多く存在する。しかし、嫌味のない、スッキリしたデザインのEペイスは、一頭、図抜けていると思うのはわたしだけだろうか。