特別企画

2018.07.25

ジャガーXEとEペイス 無給油1000km走行チャレンジ! インジニウム・ディーゼル、記録は?

ジャガー1000kmチャレンジ 参加メンバーの感想

読者代表 I(25歳)

読者代表として参加させていただいた、今回の無給油での長距離ドライブ。都心在住の若手サラリーマンのわたしにとって日常の足は基本的に地下鉄/タクシーで、車の利用は週末のドライブのみ。

テクニカルな解説はプロに譲るとして、そんなユーザー目線から今回のロングドライブの感想をお話しさせていただければと思う。

まずはXE。乗り込んで感じるのは、インテリアが演出過剰すぎないクールで繊細なところ。ピアノブラックの艶のあるパネルに「碧く」光るスイッチがコントラストとなったモダンでシックな雰囲気が絶妙。メルセデス・ベンツの瀟洒な雰囲気よりはややモードで直線基調な感じが程よく機能的であり、デザインが古くなりにくそうな印象。

レザーのハリはしっかりとしながら、まろやかな肌ざわりがスッと馴染む。4気筒のディーゼルエンジンを始動して軽く流してもガラガラ音は皆無。アルミの軽量ボディのおかげか、みずすましのようにスッと動いてくれる。ちょっとした妄想ですが、セオリー/フォクシーあたりのシックなワンピースを着た女性を、メリディアンのスピーカーから音楽をかけつつ、夜のお出かけをエスコートするなんてまさに素敵な使い方ではないかと。

ちなみに、このXEを「ディーゼル」で選ぶポイントは、そんな大人な室内空間を纏いつつ、高速道路を周りの車のペースよりやや速い速度域でクルージングしていても、なんと気づけば燃費が25km/ℓを超えてくるところ。燃費最優先の車みたく急に電池がなくなってガーガーなることも、フワフワした足回りで高速道路のハンドリングで疲れるということも全くない。

トルクを使ってスーッと走ってサクッと曲がる澄んだハンドリングを享受しつつ、シックな空間で音楽を聞きながらドライブしていると、気づくと驚異的な燃費が出ているという点がこの車の売りかと。

ジャガーのセダンは若者にとってまだ親しみ深くない存在。まだまだアラフォーより上の世代の車というイメージが付きまとっており、選択肢としてはなかなか上がってこないとは思われるが、澄んだハンドリング/良い燃費/シックなインテリアと、どの観点から見てもわたしのような若いユーザーが買って非常に満足できると感じた。

他方のEペイスは僕ら世代のわかりやすいジャガー。僕ら世代にとって最近のジャガーといえば、XJよりもFタイプであり、Fタイプのデザインアイコンを引き継ぐEペイスは非常に遊び心満載で、見てるだけでワクワクする車だった。

Eペイスの前後のデザイン、及び、運転席はFタイプの趣きを色濃く残しているほか、サイドミラー下部のアプローチライトから地面へ「JAGUAR」というロゴとジャガー親子が照射されるのは非常にかわいげがあった。さらには、「助手席側」のフロントウィンドウの隅に「隠れジャガー」が描かれていてデート相手の心までワクワクさせてきたことに関心。

走りに関しては、車高が高いために少しはロールを許容するが、スポーティなセダンの感覚で十分に運転可能。アイポイントも高い上に、自動ブレーキもしっかり機能してくれるので高速道路をかっ飛ばして郊外に遊びに行き、渋滞に巻き込まれながら帰ってくる都心のユーザーにこれほど最適なクルマはないかもしれない。しかも、このFペース・ディーゼルはエコラン後にかっ飛ばしても、燃費は15km/ℓを安定して超えていた。Eペイスの「ディーゼル」はスポーティさとキュートさとエコが同居しているといっていい。恐るべし、Eペイス。

ただ、2点だけ付け加えるとすると、カーナビの上側が後傾しており、日中は反射してやや見づらかったのと、助手席のグローブボックスが出っ張っており、せっかくのSUVなのだから広々と作ってくれてもよかったのかなと少し。

ちなみに、同世代にどちらが良いか写真を送ってアンケートしたところ、わたしの女友達は全員XE押し、他方、男性陣はEペイス優勢で、何人かの男性からはその二択以外にFタイプはないのかと聞かれた次第でした。

 

人気コンテンツ