特別企画

2018.08.14

北欧家具に学ぶ、ボルボの魅力 ひとはなぜ心地よいと思うのか

AUTOCAR JAPAN sponsored by ボルボ・カー・ジャパン
text:Yuko Iida(飯田裕子)
photo:Hidenori Hanamura(花村英典)
cooperation:カール・ハンセン&サン

もくじ

ボルボと北欧家具のカンケイ
家具のプロ、ボルボをトライ
なぜ北欧家具に惹かれるのか
色彩と素材、そして触り心地

ボルボと北欧家具のカンケイ

今回のテーマは『デザイン』

某日、筆者とXC90は青山にあるデンマーク家具の『CARL HANSEN & SØN(カール・ハンセン&サン)』(以下、カール・ハンセンと略)のフラッグシップ・ストアに向かった。

実はこちらの家具が「ボルボ スタジオ ミラノ」に次いで世界で2番目にオープンした「ボルボ スタジオ 青山」に採用されているのだ。

飯田裕子(いいだゆうこ)自動車ジャーナリスト協会会員/日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員/日本自動車連盟 交通安全・環境委員会 委員。ボルボ特有の「居心地のよさ」の理由を北欧家具をヒントに女性目線で探究した。

 

「椅子」を中心としたカール・ハンセンの家具は百貨店やファニチャーストアでも購入できるが、フラッグシップ・ストアには、超エキスパートがいらっしゃる。

「メディアに取り上げられ、興味を抱いていただけるのももちろん有難いですが、その良さを知った上で『これがいい』と思っていただけることがもっと嬉しい」。エキスパートの言葉である。

今回はそのエキスパートにボルボのデザインに触れていただき、こちらは家具のお話しをうかがう。日本人も大好きな北欧デザインの魅力をもっと知ろう、ボルボのインテリアがなぜこんなに居心地がいいのかを探ろう、というのがゴールだ。

まずはエキスパートにボルボのフラッグシップSUVであるXC90 T8ツインエンジンAWDインスクリプションをベースにデザインの特徴をご紹介しながら青山界隈をドライブした。

毎週100名様に当たる! ボルボ 1泊2日モニターキャンペーン


1泊2日で実感する、ボルボの哲学。

ちょっとした遠出をするご予定があるのなら、ボルボを体感する絶好のチャンス。

人を中心に考える、北欧デザインのインテリアにつつまれた、快適で安心/安全な旅をお約束します。

ボルボならではの革新的な安全機能、先進のドライバーサポートシステム。そして快適な乗り心地を心ゆくまでご体感ください。

キャンペーンについて詳しく知る