アルピナB5/D5 S/B3 S試乗 究極のスポーツ・サルーンに迫る

2018.08.31

B5試乗 内燃機関の未来

アルピナ車をドライブする時の第一の感動は、そのドアをオープンして、豪華でエレガントなキャビンを見る時に訪れる。

エクステリアは、いわゆるアルピナの流儀とでもいうのだろうか、その思慮深い控えめな装飾は、英国版編集部のテスターでさえ高く評価していると聞く。この最新モデルにおいてもフロントの「ALPINA」の切り文字風エンブレムが、エアスポイラーのボトムにフィットされるようになったのが気になるくらいだ。

一方でインテリアの進化は素晴らしい。そもそものBMW 5シリーズでの進化に加えて、アルピナが得意とする高級感と機能性に溢れるキャビン。この空間に我が身を委ねることができる幸せを、カスタマーは誰もが感じるはずだ。

ステアリングホイールの横にレイアウトされているスタートボタンを押して、4394ccV型8気DOHCツインターボをスタートさせる。

ツインスクロール・ターボチャージャーや、バルブトロニック可変バルブ制御システム、高圧ガソリン直噴システム等々の最先端技術を採用し、最高出力で608ps/5750-6250rpm、最大トルクでは81.6kgm/3000-5000rpmを達成したこのエンジンは、これまでのアルピナ製エンジンと同様に、そのパフォーマンスはもちろんのこと、実用域での扱いやすさが最大の特長。個人的にもゴー・アンド・ストップの多い市街地や、渋滞の続く高速道路で、このエンジンのフレキシビリティには大いに感動させられた。

 

人気記事