アルピナB5/D5 S/B3 S試乗 究極のスポーツ・サルーンに迫る

2018.08.31

ビターボの実力 解き放つとき

高速道路の渋滞エリアを抜け、トラフィックが一気に減ると、今度はB5ビターボが持つ実力の一端を味わうチャンスが訪れた。

ここで感じたのは、ZFとの共同開発による8速ATの絶妙なシフティング。Dポジションでの巧緻を極めた制御を味わうのも、もちろん悪くないが、ここではやはりアルピナ独自の技術であるスイッチトロニックの機能を堪能したい。

ステアリングホイールのリム部、その背面にあるスイッチで、シフトアップ/ダウンの操作をマニュアルで行うことができるこのシステムは、ワインディングではさらに魅力的な装備に感じられるはずだ。

アルピナの伝統、そしてクラフトマンシップを最も強く感じるのは、やはりガソリンモデルだろう。これから世界の自動車メーカーが、どのような方向に自動車を進化させたとしても、アルピナが内燃機関、とりわけガソリンエンジンの未来を手放すわけはない。

左にウェーバー製のキャブレター、右にクランクシャフトが描かれるエンブレム。そのエンブレムが未来の後継者達に受け継がれる限りは。

BMWアルピナB5ビターボ・リムジン・オールラッド

価格 1886万円
全長×全幅×全高 4960×1840×1485mm
巡航最高速度 330km/h
0-100km/h加速 3.5秒
燃費(JC08) 8.2km/ℓ
車両重量 1990kg
パワートレイン 4394ccV8ガソリン・ビターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 608ps/5750-6250rpm
最大トルク 81.6kg-m/3000-5000rpm
ギアボックス 8速オートマティック
 

人気記事