アルピナB5/D5 S/B3 S試乗 究極のスポーツ・サルーンに迫る

2018.08.31

走りたいように走れる

スポーティと表現するよりも、むしろエレガントと表現した方がデザイナーの意図に忠実であるかのように思えるインテリアは、やはりいつものように素晴らしい空間だ。

B3 Sの室内空間は、D5系のそれと比較するとサイズ的にはコンパクトになるが、上質なものに我が身を包まれる快適さ、そして贅沢さはよりダイレクトに伝わってくるから嬉しい。もちろん装備内容には不満があるわけはなく、乗り心地にも上質感が表れている。

ワインディングに入っても、その印象が崩れないのはドライビング・エクスペリエンス・コントロール・スイッチの選択で、シャシーのセッティングをかなりの幅で変化させることができるからだ。

エコプロやコンフォートは完全に乗り心地重視の設定だが、それでもハンドリングは十分にナチュラルで、かなりのペースでも思い通りにコーナリングを楽しむことができた。さらにスポーツなら、ボリュームを増していくエグゾーストサウンドをBGMに、ダイナミックな走りを安全に楽しめる。スポーツ・プラスでサーキット走行というのも、休日のアクティビティとしては面白い。

新しいライフスタイルをカスタマーに提供してくれるアルピナ。そのエントランスにあるのが、このB3 Sビターボなのだ。

BMWアルピナB3 Sビターボ・リムジン

1162万円
全長×全幅×全高 4645×1810(右H: 1800)×1445mm
巡航最高速度 306km/h
0-100km/h加速 4.3秒
燃費(JC08) 10.4km/ℓ
車両重量 1650kg
パワートレイン 2979cc直6ガソリン・ビターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 440ps/5500-6250rpm
最大トルク 67.3kg-m/3000-4500rpm
ギアボックス 8速オートマティック
 

人気記事