懐かしのルノーで雪道に ドイツ仕込みのオールシーズンタイヤ ファルケン「ユーロウインターHS449」

2018.09.10

雪の不安は? 冬用タイヤ規制の話

昨シーズンに首都圏を見舞った降雪では、早々に冬用タイヤ規制が引かれた東名高速。アスファルトを雪が覆い始めた都内を離れ、一路富士山方面に。

いそいそとインターチェンジに進むと、チェックをする係員も、タイヤのスノーマークを見て「お気をつけて!」と通してくれた。

ドライの路面ではほとんどノーマルタイヤのような感覚。今どきの静粛性を売りにした高性能タイヤにはさすがに負けるが耳に障るほどでもない。

御殿場からは、除排雪の進む東富士有料道路ではなく、籠坂峠を当然のように選ぶ。そこには多くの除雪車が往来していた。そんな中でも、ファルケン・ユーロウインターHS449を履いたなんの変哲もないFFの乗用車、ルノー・ラグナに難はない。

通行止が解除されても、冬用タイヤ規制が残れば夏タイヤでは走行不可。ユーロウインターHS449は、スノーフレークマークがつくので、高速道路冬用タイヤ規制でも通行できる。

 

「基本に忠実に」運転し、クリアランスだけを注意していれば良い。四輪駆動も心強いだろうが、そうでなくとも不安はなかった。

加減速もハンドル操作も「急」の付く動作をしなければさほど不安はない。そうはいっても、気を遣うのではないかと予想していたこともあるだろうが、感覚としては「普段通り」に限りなく近いというのが、雪上をドライブしてみての感想だ。

オールシーズンタイヤ EUROWINTER HS449


「ファルケンタイヤ」メーカーサイトはこちら
 

 

 

人気記事