特別企画

2018.11.29

ジャガー×AWD(全輪駆動) どんなひと向け? メリットは? 3台試乗

誰のためのジャガーAWDなのか?

昨今、各社それぞれAWDを装備したモデルを導入しており、ハードウェアの優秀性から多くの乗用車型AWDには電子制御多板クラッチが用いられている。

しかし、優秀なハードウェアを用いれば性能が一律に向上するというほど単純ではない。優秀なハードウェアの才は優秀なソフトウェアがあって初めて発露される。ここが各社が試行錯誤している部分であるといっていい。

例えばアクセルやステアリングの操作やコーナリング等の走行状況から先んじてAWDを能動的に制御する予測制御もそうである。加えて、車重や重心、重量配分、トレッドやホイールベース等々の物理的条件にも影響され、狙い通りの特性を実現するには車両に応じた緻密な制御が必要だ。

その結果、FRの躍動とAWDの安定が適性適時に、シームレスにコントロールされてドライバーや乗員に提供される。

この試乗で感じたジャガーAWD技術のアドバンテージは冒頭で述べた「矜恃」や「哲学」が作り上げたと言うべきであり、これがジャガーのAWD車が降雪地域のドライバーのためだけのモデルに留まらない理由である。

もっとも、コスト制限無ければ大概の事が実現するプレミアムの世界である。AWD車にどれだけのアドバンテージがあっても、費用対効果が低ければ誉められたものではない。金に糸目を付けるのは確かな鑑識眼と知性の現れでもある。

試乗したXEとXFを例に採ればFR車とAWD車の車両本体価格の差はおよそ25〜27万円である。車両価格対比ではXEではFR車の約5%高、同XFでは4%を下回る。

そこに用いられているハードウェアと巧みな制御がもたらした多様なメリットを鑑みれば随分と控え目な価格である。しかも、その価値は走りの質感にこだわるほどに高まる。

降雪地域のドライバーには言わずもがなだが、非降雪地域のドライバーにとってもAWD車はジャガーならではの良質な “Sporty” を際立たせるという点で優れた効果を発揮する。

だからこそ、ジャガーを選ぶ意義や駆る歓びを求めるならAWD車も見過ごしてはならないのである。

NEW EVOQUE Wプラン


現行の最新モデルを1年間楽しんだ後、日本上陸を控えた新生モデルにそのまま乗り換えられる「NEW EVOQUE Wプラン」

くわしい情報をみる
 
 

人気コンテンツ