特別企画

2018.11.29

ジャガー×AWD(全輪駆動) どんなひと向け? メリットは? 3台試乗

登場した3車種 インプレッション

FタイプSVR

トップエンドの高性能車は技術力の象徴でもあるが、自動車メーカーの哲学を具現化した存在でもある。そこにはひととクルマを繋ぐ走りの在り方が指し示されている。そして、その通りにFタイプSVRはジャガーの走りの哲学を示した。

ひとつの特徴は限界性能を追求しながらドライバビリティの柔軟性を高めていること。パワーユニットのV8は余裕の排気量となる5ℓに加えて、アクセル開度にリニアな過給特性を特徴とするスーパーチャージャーを採用。

575ps/71.4kg-m(700Nm)というパワースペックは強烈な加速性能を実現している。しかし、手綱廻しに四苦八苦はしない。ひとつは巧みにグリップを維持するAWD等の先進的デバイスの効果だが、思い描いたとおりに反応する従順さも見逃せない。

そういった考え方はフットワークの構築でも同様だ。サーキットレベルの限界走行にも対応するため相応に引き締められたサスチューンと電子制御可変ダンパーやトルクベクタリング等の制御機構は激しい加減速を伴うコーナリングで意のままなラインコントロール性を実現している。

要するに超高性能を特別な運転技術なしで引き出せるのだ。

しかも、市街地や高速クルージング等々でも扱いやすい。実際、試乗していて最も感銘を受けたのはこの側面である。これにはAWDであることも寄与しているといえるだろう。

テーラーメイドの味わいで仕立てられた内装や充実した快適装備等々がもたらす贅に身を委ねるのが心地よい。走行時間の多くを費やすだけに、こういった走行環境での操り心地や居心地は大きなアドバンテージのひとつである。

つまり、SVRはラグジュアリークーペとしてもトップエンドに位置するのだ。

「贅沢以上」あるいは「道具以上」を走行性能に造り込む。豊かなプライベートタイムやファントゥドライブ等々の様々な楽しみを得られてこそジャガーの走り。そんな哲学に純化したモデルがFタイプSVRなのである。

アート・オブ・ドライビングキャンペーン(〜12/16)


RANGE ROVER VELARとともにアート旅。冬のアートを楽しんでいただける旅が当たるキャンペーン実施中。

くわしい情報をみる
 
 

人気コンテンツ