特別企画

2018.11.29

ジャガー×AWD(全輪駆動) どんなひと向け? メリットは? 3台試乗

XFプレステージ2.0ディーゼルAWD

「ウェルバランスの美学」と言えば少々大袈裟だが、ボディサイズとキャビンスペース、経済性とゆとり、イージードライブとファントゥドライブ等々がバランスよくまとまっている。もちろん、その大前提は「ジャガーらしく」である。

2ℓディーゼルは43.9kg-m(430Nm)もの最大トルクを1750-2500rpmで発生。この回転数は市街地から高速まで巡航や緩加速に用いられる領域であり、そこでの大トルクは回転変化少なく悠々とした走りに直結する。

トルコンと遊星ギアを用いた電子制御8速ATの変速制御は、こういったパワーユニット特性をフルに引き出す。登坂緩加速でも1速ダウンシフト程度で済ませ、その時の回転数でも2500rpm程度。けっこうな急加速でもしない限り3000rpm以上の領域は使わない。

高回転域でもストレスなく回り目立ったトルクダウンもないので、ディーゼル車としては加速を楽しめるタイプでもあるが、それはXFとしてはプラスαのお愉しみだ。

悠々としたパワートレインのドライブフィールに似合いのフットワークはFRベースのAWD車らしく不要な揺れを抑えた乗り心地を示す。これもまた市街地から高速、山岳路まで馴染みのよいチューニングでまとめられている。

付け加えるならシャシーだけでなく、トルコンATやAWDは加減速時のトルク変動を抑える効果もあり、滑らかな味わいの一助になっている。

応答遅れ少なく回頭する操舵初期反応と据わりのよい定常円旋回への滑らかな移行もジャガーらしい。キレがよくて落ち着いているわけだ。「悠々」に「わくわく」をトッピングしたようなハンドリングとも言える。

最大5名がツーリングを愉しむためのプレミアムサルーンの心地よさとジャガーを駆るドライビングの悦びのバランスが実に上手い。クルマ趣味を嗜む程度とした大人味がXFの妙味だ。

また、ステーションワゴンタイプのXF SPORTBRAKEのAWDも19MYでラインナップに加わる。流麗なボディデザインに加え、より実用性に優れたクルマをというひと向きには嬉しいニュースだ。

NEW EVOQUE Wプラン


現行の最新モデルを1年間楽しんだ後、日本上陸を控えた新生モデルにそのまま乗り換えられる「NEW EVOQUE Wプラン」

くわしい情報をみる
 
 

人気コンテンツ