特別企画

2018.11.29

ジャガー×AWD(全輪駆動) どんなひと向け? メリットは? 3台試乗

XEプレステージ2.0ディーゼルAWD

ジャガーサルーンの中でもっともコンパクトで、日本の道路や駐車場事情などでのマーケットに即したモデルがXEだ。余談だが我がAUTOCAR JAPANの笹本編集長も日々乗っている。(ジャガーXE AWDにトライ ― まだまだ頑張る現役編集長の奮闘録

しかし、基本シャシーとサスペンションはXFと共通した設計であり、試乗車のパワートレインはXFのディーゼル車と同じである。

XFに対して全長は285mm、ホイールベースは125mmコンパクトなパッケージングもわかるようにハードウェア面ではXFのダウンサイジングモデルとみなす方も多いだろう。

4名乗車頻度も少なく(最大5名乗車可)の、後席や荷室容量にXFほどの余裕を必要としないユーザー向けというのが基本的な理解となるが、シェイプアップされたXFという見方も確かに成立する。

誤解なきように付け加えておくが、キャビン長はXFより短くなるが全長4.7m未満のサルーンとしては十分な後席居住性を備え、4名乗車の長距離ツーリングにも適している。

ただし、サイズや比較的手に入れやすい点だけが、このクルマの長所というわけではない。

コンパクトサイズは重量面でも有利。もちろん、アルミ製の車体など軽量化設計もあって、AWD車でも車重は1740kgでしかない。そこに180ps/43.9kg-m(430Nm)のディーゼルである。巡航や緩加速時の余力や巡航ギア維持能力が向上するだけでなく、加速感も軽快になる。

軽量コンパクトな車体はハンドリング面でも軽快感を高める。重質な味わいや据わりのよさをXFと比較すると車格の差を意識する部分もあるが、それらは若々しい味わいとも言える。よりダイナミックな走りを追求したモデルといったところか。

とは言えプレミアムサルーンの心地よさとジャガーを駆る悦びのバランスをしっかりと取っているのはジャガーサルーンに共通している。流麗なデザインの “クーペ・ライク” スポーツサルーンであるXEはAWDを備えることで、コストパフォーマンスも意識しながらジャガーならではの哲学を体感できるモデルとなっている。

つまり、ジャガーラインナップだけでなく、クルマ趣味とプレミアムの両立を求めたサルーン全体の各社競合がひしめく中で有力な一車なのである。

アート・オブ・ドライビングキャンペーン(〜12/16)


RANGE ROVER VELARとともにアート旅。冬のアートを楽しんでいただける旅が当たるキャンペーン実施中。

くわしい情報をみる
 


 

人気コンテンツ