「#冬ゴモラナイ2019」 ランドローバーで巡る、冬の世界遺産

2019.02.13

いよいよクライマックスに

クライマックスはその美しい姿を中央道は八ヶ岳あたりから楽しませてくれた、富士山。
「これなら西湖でゆっくり眺めましょう」と同行してくれたフォトグラファーが勧めてくれた。

甲府南ICを降り、山道を走る道中、見えては消え、また見えて……、少しずつその姿が大きくなる。

湖際では観光客や犬のお散歩をする地元の方らしき方も足を止め、雄大な眺めに見入っていたが、それはわたしも同様だ。

夕方、雪を被った部分はオレンジに山肌は赤黒さが増し、つかの間の赤富士ショーも愉しめた。

様々なお天気の下、引き算の美学に徹したシンプルな面構成の優雅なヴェラールの姿はどこにいてもフォトジェニックだ。青空の下、順光の下に浮かび上がるその姿も美しい。それに白い雪の上ではレフ版効果も助けてキラキラして見えた。

が、ボンネットにのった雨粒も、曇天の下、輪郭や陰影が濃く見える姿がわたしは意外と好きだ。全天候型のエレガントでスポーティなランドローバーであなたも「冬ゴモラナイ」冬を過ごしてみませんか?

NEW EVOQUE Wプラン


現行の最新モデルを1年間楽しんだ後、日本上陸を控えた新生モデルにそのまま乗り換えられる「NEW EVOQUE Wプラン」

くわしい情報をみる
 

冬ゴモラナイ旅 今回のルート