特別企画

2019.04.29

比較試乗 ジャガーらしさとは何か E/Fペイスで探る また、それぞれに個性はあるか

都市型オフローダーの面目躍如

Eペイスというクルマの正体はコクピットの意匠が教えてくれる。ダッシュパネル全体がドライバー側に向いた独立したコクピットはジャガーの2シーター・スポーツカーであるFタイプから受け継いだもの。

Fペイスはダイヤル式のシフトだったが、EペイスのそれはFタイプと同じスティックタイプでマニュアル的なシフトチェンジに応えてくれる。5ドアSUVの体をとっているEペイスだが、その精神性はリアル・スポーツカーのそれなのだ。

ドライブしてみてもEペイスは特徴的で、ディーゼルの低速トルクを活かしたスタートダッシュがとにかく素早い。一方ハンドリングも、引き締まったアシのおかげで明らかにクイックに感じられ小気味いい。パワートレーンの違いに由来する加速フィールにも明らかな違いがあって、FR的に蹴り上げるFペイスに対し、Eペイスは四輪に均等にパワーを掛け躊躇なく駆け出していく感じなのだ。

リアシートや荷室の容量は充分なものが確保されているが、それでも大人5人とその荷物をたっぷりと積めるFペイスと比べればいくぶんコンパクトなので、Eペイスは都市型クロスオーバーSUVとして街中を素早くスタイリッシュに移動したい人に最適な1台と言えるだろう。

カブらない、しかしリアルなジャガー

一見ミドルとコンパクトというサイズ的な違いしかないように思えるジャガーSUVの2台。だが実際はジャガーとして生を受けながら、個性の部分に関してははっきりと作り分けがされていたのである。

これだけフィーリングが違えば、ジャガーのSUV選びが長引いてしまう人は稀だろう。ディーラーで短時間でも試乗してみれば、自分の好みに合った1台がすぐに見つかるはずだ。もし決められなかったとしたら自宅のガレージに2台とも収めるという手もある。お互いの領域をほとんど侵さないはずだから。

20世紀のジャガーには存在しなかったSUVやディーゼルといった時代の流れを、ジャガーは確実に自分のDNAの中で昇華させている。そしてジャガーSUVの最新の流れは、未来的なIペイスの登場によってEVにまで及んでいる。

だがどのモデルを選んでも周波数はちゃんとジャガーに合っている。原初の1台がそうであったように、いつの時代もそれは粋な乗り物なのである。

ジャガーSUV 2 in 1 DAYモニター

Eペイスか、Fペイスか。ガソリンか、ディーゼルか。1日に2モデルをじっくりと比較試乗。10万円キャッシュバックの成約特典も。

もっと見る
 


 

人気コンテンツ