特別企画

2019.06.18

維持・部品・修理 45年の老舗に聞いてみた アルファ・ロメオ・ジュリアって今どうなんですか?

編集部より

クルマでも家電でもケータイでも最新モデルが数年で陳腐化し、次々に乗り換えていく今の時代。一部の高級車やスポーツカーなどではメーカーでのレストアや部品供給などのニュースも聞きますが、「じゃあ、ボクの好きなあのクルマはどーなのよ?」と思いませんか。その辺の事実を明らかにすべく、AUTOCAR記者が趣味的クラシックカーの王道、アルファ・ロメオ・ジュリアの専門家に伺ってきました。

AUTOCAR JAPAN sponsored by ミラノオートサービス
text & photo:Kouzou Ebizuka(海老塚 構造)

 

もくじ

やっぱり旧いクルマがイイ! でも、これからも乗り続けられるの?
この道45年 アルファ・スペシャリスト、ミラノオートサービス
適切な整備で 40年後もジュリアは走り続ける
105系アルファの相場は? そしてコンディションは?
ミラノオートのアルファ・ロメオ在庫車をチェック!

やっぱり旧いクルマがイイ! でも、これからも乗り続けられるの?

最新モデルよりは旧いクルマの方がイイよね……とのっけから最新のクルマ情報を発信するAUTOCAR JAPANの記者失格な発言である。ぶっちゃけると筆者は趣味グルマと仕事車をできるだけ1台で済ませたいタチなのだ。しかしながら取材で一年に3万km近くも走ってしまうため、電子デバイスが壊れると走行不能に陥ったり、過大な出費を強いられる今どきのクルマを信用していない。

今までは電制モノの付いていない’80〜’90年代の不人気車種の出物をめざとく見つけては乗り継いできたのだが、不運なもらい事故でボディ外装パーツが手に入らずあえなく廃車……といったパターンの繰り返し。今は諸事情でマイカーがないため、軽の代車生活がここ数年続いている。

ヒストリックのフェラーリや空冷ポルシェといったところは他に任せるとして、普通の勤め人にも所有・維持が現実的な旧車は……と考えたとき、サーキットイベントで多く見かけるアルファ・ロメオ・ジュリア(105系)とクラシックミニが頭に浮かんだ。というわけで、実のところはどうなのか? とりあえずイチバン近所のクラシック・アルファのスペシャリスト、『ミラノオートサービス』さんに行ってみることにした。

この道45年 アルファ・スペシャリスト、ミラノオートサービス

つい先日、町田から鶴間の新店舗に移転したばかりのミラノオートサービスは、実に45年の実績を持つアルファ専門店。伊藤忠オートで新車が購入できたころからジュリアを扱ってきた老舗だ。AUTOCAR編集長の笹本が企画室ネコを立ち上げた創成期の出版物である、【心に残る名車の本シリーズ THE ALFA ROMEO 1980】にもミラノは載っている。

「35ミリカメラを提げた笹本さんが初めて取材しに来たのを覚えてるよ。あの本はスゴい反響だったなぁー」とミラノオートサービス代表の安藤俊一さんは語る。「当時はロメオはもちろんイタリア車の整備や部品に関する情報もほとんどなかったから。雑誌に載ったとたんに部品の問い合わせがスゴかったね、フェラーリの(笑)」

今さらアルファ界の重鎮にこんなことを聞くのもナンだが、「なぜに105系アルファひとすじ?」という質問をぶつけると、「僕は今もだけどいろんなクルマが好きで、昔っから日本車、英国車、アメリカ車など、いろいろ乗ってきたんだ。そんな中でロメオはボディもエンジンもアシ周りも、全てがズバ抜けて良かったんだよ」 ハコスカ、ベレGにコンテッサ、ギャランGTOなんていう、そうそうたる日本の名車たちが現役だった頃のことだ。

「箱根で日本車に乗ってるラリー屋さんにロメオのステアリングを握らせてあげると、みんなお客になってくれたよ」などという、驚くべきエピソードも飛び出した。

 

人気コンテンツ