特別企画

2019.07.09

ブルーに染まるベントレー ベンテイガ×3.5リッター・クーペ クルマ作りの本懐

時代を越えて響く「ベントレー思想」

前開き式の特徴的なドアを開け、ダービー・ベントレーの室内に乗り込んだ瞬間に訪れる静寂。

著名なコーチビルダーであるバーカーがベントレーのために誂えた4シーターのクーペボディは、今日でもなお往年のクオリティを保ち、ほの暗いシガールームのような居心地の良さを提供してくれる。

厚みのあるラダーフレームの上に架装されたボディとシングルソファーのように独立した前席は、自然とアイポイントを高めている。

窓ガラスから差し込む白い光がインテリアを浮き上がらせるその様子は、最新のベントレー・ベンテイガV8にも通じている。

6ℓのW12エンジンを搭載したモデルと比べれば、V8エンジンを搭載したベンテイガはよりスポーティな位置づけにある。

550psを発揮する4ℓV8ターボと俊敏なシフトチェンジに対応する8速AT、そして電子制御によって賢く立ち回るAWDシステムを備えたベンテイガV8。

このベントレー随一のオールラウンダーがオーナーにもたらす最大のベネフィットは、ベントレーらしい上質な乗り心地と盤石の走破性である。

未開の地へと踏み込んでいく冒険心は、かつてベントレーで世界中を旅して回った先人たち、そしてカントリーハウスでハンティングやフィッシングに興じる英国貴族の思想にも通じているのである。

ベントレー・ベンテイガV8

もっと見る
 
 

人気コンテンツ