特別企画

2019.07.16

編集部で買う、新型メガーヌ・ルノー・スポール MT派とAT派で揉める

編集部より

AUTOCAR編集部の社有車としてメガーヌR.S.を購入することに。実用性を推すAT派と、走りのMT派に分裂。こうなったらプロの意見を伺うしかありません。

impression: Yuji Ide(井出有治)
text: Takuo Yoshida(吉田拓生)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

もくじ

今ならもれなく悩めてしまう
一同、プロの意見に絆される!
なぜカップが安パイなのか?

今ならもれなく悩めてしまう

「今度、編集部で初めてクルマを買うんですよ。メガーヌR.S.なんです」と編集部タロー君(上野太朗)。それにしても、地球の反対側から届くニュースを日夜アップし続け終電を逃すことも珍しくないオートカー編集部に社有車がなかったなんてちょっと驚き。とはいえ車種が決まっているのであれば、外野としては「ほー、それは良かったね。来たら乗せてね~」というだけのこと。ところが話はまだすっきりとしていないらしい。

ご存知のように現行のメガーヌR.S.のギアボックスは6速のEDC(AT)のみ。ところが先頃、限定車としてMTのメガーヌR.S.カップがデビューしている。つまり今ならATかMTかを選ぶことができ、実際に編集部内で意見が真っ二つに分かれているのだとか。

「ボクはカップ希望! 普段もドライビングを楽しみたいじゃないですか」とタロー君が言うと、低年式の徳永(1975年式)は「渋滞のこととか考えましょうよ。社有車なんだから」という熱のない言葉で返す。ちなみにスペショ担当のサイトー、広告のサトーの両氏もMTとATで真っ二つらしい。

じゃあ実際にどうやって決めるのか? 「その意見を伺うために今回タクオさん(吉田拓生)ともうひとり、スペシャルゲストを呼んでいるんです(上野)」。

 

人気コンテンツ