新型トヨタRAV4、ONもOFFも走りたい アドベンチャー/ハイブリッドGを比較評価

2019.09.04

AUTOCAR JAPAN sponsored by トヨタ自動車株式会社
text:Shigeo Kawashima(川島茂夫)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

もくじ

内燃/ハイブリッドを比較試乗
ダイナミックフォースエンジン
アドベンチャー試乗
踏んだ分だけ前へ
新4WD オフ/オンロード
ハイブリッドG試乗
SUVらしからぬ加速
アドベンチャーとは異なる味
燃費/荷室/ADASも充実 新型RAV4の本質とは

内燃/ハイブリッドを比較試乗

クロスオーバーSUV市場は未だに拡大傾向。同時に多様化も進んでいる。その中で新型となったRAV4をどう位置付けるか。「ど真ん中」である。カテゴリーのコンセプトにとても忠実なモデルなのだ。

だからといって、それを「凡庸」と捉えるのは大きな間違いである。本格クロカン車とSUVの雰囲気を纏った乗用車の中間にあって、両者のいいとこ取りを狙った汎用性の高さが本質である。要するにタウン&ツーリングやファミリー&レジャーという幅広い用途への適性を高水準で達成しているのが特徴。ゆえに「頼もしいクルマ」で「遊べるクルマ」であり、両方合わせて「生活を楽しむ相棒」なのだ。

ちょっと硬い話になるが、その下支えとなるハードウェアも見所だ。例えばパワートレインである。RAV4は2系統のパワートレインを軸に展開している。

ひとつはハイブリッド車(写真赤)で、ハイブリッド専用設計の新世代2.5Lを核にシリーズ式とパラレル式の特徴を併せ持つスプリット(動力分割型)式を用いる。トヨタのお家芸とも言えるシステムであり、初代プリウス以来エコカーをリードしてきた。

また、同パワートレインの4WD車には後輪を独立した電動駆動系で駆動するE-Fourを用いる。E-Fourの後輪駆動ユニットには最高出力40kW(54ps)の電動モーターを採用。ハイブリッドシステムの一環としても制御され、数値的には電動駆動系の総容量を45%増加させたことになる。

もうひとつのパワートレインはNA(自然吸気)の2Lだ。