実は両極、個性派2台 可愛い顔した本格派 vs オトコも惚れるジャストサイズ

2019.09.06

100字サマリー

一言で「SUV」といっても、本格的なオフローダーから、都会の走行に重きをおいたもの、あるいはその間に位置するモデルまで様々。今回は両極端といえる2台に試乗します。

text:Takuo Yoshida(吉田拓生)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

もくじ

実は両極、個性派の2台
可愛い顔した本格派
奥様のアシ、だけじゃもったいない

実は両極、個性派の2台

ピンとキリという表現には優劣のイメージがあるが、今回の2台に対するピンキリは、そこに落ちてはいない。

ジープの末っ子レネゲードの中で最もタフなグレードであるトレイルホークと、泥臭さを微塵も感じさせないシティ派代表のアウディQ2。

この2台は今をときめくスモールSUVの中にあって、両極端ともいえるキャラクターの持ち主なのである。

ジープ・レネゲード・トレイルホークは今年初めのマイナーチェンジで顔の「ジープ度合」が高まり、エンジンも2.4Lから最新の1.3L直4ターボのマルチエア2に変更されている。

4255mmという全長は取り回しやすいが、それでも前後のシートスペースは必要にして充分。遊び心溢れる見た目の通り、週末の行動範囲を広げてくれそうな1台といえる。

一方デビューから2年半ほどが経過したアウディQ2は、見事なまでの「割り切り」によってクロスオーバーSUVの新境地を切り開いている。

高くも低くもない絶妙な車高は乗降性に優れ、荷物を出し入れする際の腰への負担も少ない。

一方1500mmに抑えた全高により低い立体駐車場にもアクセス可能。今回の「35」は1.4Lのダウンサイジングユニットを搭載するが、駆動方式はアウディ=四駆とイメージさせつつ、日本導入はFFのみ。

つまりアウディQ2は、SUVのメリットを全て取り入れつつ、シンプルを追求することで、街乗りスモールSUVの最適解を鮮やかに提示してみせたのである。