アクセル/ブレーキ踏み間違い、後付けで防止 「アクセル見守り隊」 データシステム

2019.11.08

トヨタ・プリウスで検証 若者も多いミス

また、アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んでしまった場合にも、アクセル信号をカットしてブレーキだけを作動させる。

その際に、もしブレーキペダルから足が離れてアクセルペダルだけを踏むことになってもアクセル信号はカットされる。

ブレーキとアクセルペダルの同時踏みは、アクセル信号だけをカット。停車・徐行中に加え、10km/h超えの走行中でも作動する。踏み間違いは、高齢者だけでなく20代前半の若者にも多い。

 

このようにアクセル見守り隊はさまざまな状況下で活躍してくれるわけだが、急な上り坂での坂道発進や交差点での右折などアクセルペダルを急激に踏み込まなくてはいけない場合にはスムーズな運転を妨げるケースも。

そのためLEDを内蔵したコントロールスイッチを付属しており、これを押すことで一時的に機能をキャンセルすることが可能だ。

機能の復帰は、アクセルを踏み込んで戻す動作をすれば自動的に行われるので手間もない。ちなみに右折や左折の際に、ウインカーに連動して自動的に機能をオフにするオプションアダプターを近日中に発売する予定だ。

なお、アクセルペダルの急踏み込みを検知する感度はクルマに合わせて5段階で設定が可能。取り付け時にショップで最適な状態に設定してもらえば、誤作動が発生することはほとんどないだろう。

アクセル見守り隊のセット内容。車両側を加工することなく取付けられる。

このほかアクセルを急踏み込みした回数、アクセルとブレーキを同時踏み込みした回数のメモリー機能を搭載。後から運転時のエラー回数を確認でき、自分の運転を振り返るのに役立つ。