新・旧レンジローバー・イヴォーク、徹底比較 これぞ、ランドローバーの“超”正常進化である

2019.11.08

内装 新・旧を比較

まずはインストゥルメント・パネルを新・旧で比較してみよう。

新型は、スイッチ類の少ないシンプルなレイアウトや強く前傾したセンターコンソールなど、デザインモチーフは旧型から継承されるものの、各部の質感は飛躍的に向上している。

シフト操作はダイヤル式から、最新のスポーツシフトセレクター式へ進化。

 

こうして旧型の内装を見直してみると、レンジローバーシリーズの現デザインはすべて、初代イヴォークが先駆けたことが、この写真でもお分かりいただけると思う。

新型車両は、デュオトーンシートを標準装備するファーストエディション。運転姿勢は当然ながら、見晴らしよい伝統のコマンドポジション。旧型の取材車は最上級のパーフォレーテッド・グレインレザーシートだった。内装素材が上級モデルと変わりないのもイヴォークの特徴。

ホイールベース延長によって足元の余裕が増した新型の後席。
シート形状もよりホールド性が高くなった。

 

ホイールベースの延長も20mmほどと見た目にはあまり変わったように見えないのだが、それをすべて後席レッグルームの拡大にあてていることもあって、新型の後席に座ると旧型より足もとの余裕が確実に増していることが体感できる。

機能面の進化は、トランクにも表れている。