新・旧レンジローバー・イヴォーク、徹底比較 これぞ、ランドローバーの“超”正常進化である

2019.11.08

最大渡河水深も拡大

各部がより都会的に洗練された新型イヴォークだが、実は新型はへビーデューティ性能も進化している。最大渡河水深も旧型より100mmも深い600mmとなった。

旧型イヴォークのデザインやパッケージ、質感はいまだにハイレベルだが、同時に新型イヴォークはすべての面で確実、かつ大幅に進化している。

この世には目先を変えるだけで実質はほとんど変わらないのにフルモデルチェンジをうたう例も少なくないが、新型イヴォークはそんな表層的な仕事とは正反対の好例である。

大成功作となった旧型の本質的な魅力をなんらスポイルすることなく、後席空間や使い勝手、安全性、走行性能といった旧型で指摘されたポイントや時代が求める部分をことごとく進化させているのだ。これぞ絵に描いたような正常進化のサンプルである。