ABARTH 70周年 嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595 光るそれぞれの個性

2019.11.13

カルロ・アバルトが仕込んだ「魔法」

しかもそれは小粋なセンスに満ちたコンパクトな馴染み深いクルマをベースに、表現されているのだ。

1949年にカルロ・アバルトが自らのファクトリーをスタートさせて、今年で70年。ABARTHは常に、ベースのクルマからはちょっと想像のつかないパフォーマンスを放つモデルを生み出してきた。

そして今、フィアット500をベースに、このコンペティツィオーネを筆頭とする4つの異なる乗り味を持った595を送り出している。

それぞれの味つけの巧みさまで含めて、そのチューニングには唸らされる。

ABARTHは、ただ者じゃないのだ。

 

人気記事