ABARTH 70周年 嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595 光るそれぞれの個性

2019.11.13

ABARTH 595のラインナップ その(2)

ABARTH 595Cツーリズモ

基本的なメカニズムやパフォーマンスはツーリズモに準じているが、こちらは室内のスイッチひとつでオープンエア・モータリングを楽しむことのできる電動開閉式のソフトトップを持つカブリオレ・モデル。

その仕組みを持つことや剛性を保つために車体が強化されたことなどで固定ルーフのツーリズモより車重は40kg重くなっているが、重量増はほとんど体感できないレベル。

むしろトップを開け放てるクルマだけが持つ特別な気持ちよさを思えば、何の問題にもならない。

オープントップはただそれだけでファッション性が高いともいえるが、そうした前提に合わせてシリーズの中で最も豊富なボディ・カラーとインテリア・カラーの組み合わせが用意されているところも、昔から洒落者だったABARTHらしい。

スタイリング、パフォーマンス、コンフォート、オープンエア。あらゆる楽しさを1台に盛り込んだ、最も快楽主義的な595であるともいえるだろう。2ペダルのみ。

ABARTH 595Cツーリズモをもっとみる

ABARTH 595コンペティツィオーネ

シリーズ中も最もハイパフォーマンスな595が、このコンペティツィオーネ。

大径タービンの採用と中〜高速域重視型のチューンで180ps/5500rpmと23.5kg-m/2000rpm(SPORTSスイッチ使用時は25.5kg-m/3000rpm)のエンジン。フロントのブレンボ製4ポッド・キャリパーなどで構成される高性能ブレーキ・システム。4輪全ての採用された強化型スプリングとコニFSDダンパー。

加速〜減速&姿勢作り〜旋回〜加速という循環の全てをバランス良く向上させるチューンナップが施されていて、得られる速さはシリーズの中で当然ピカイチ。単純に0-100km/hを見るだけでも595より1.1秒、ツーリズモより0.5秒速い。

そのスポーツ性の高さに合わせ、カーボン・シェルのサベルト製バケット・シートが採用されている。乗り味は他の595と較べて最もハードだが、ABARTH=ジャイアント・キラーであり、スピードとの親和性がABARTHの真髄の最たるモノだと考えるなら、これこそがトップエンドといえよう。2ペダルと3ペダルが用意されている。

ABARTH 595コンペティツィオーネをもっとみる

 

人気記事