ABARTH 124 spider なぜワクワクするのか? 竹岡 圭、ドライブして検証

2019.11.20

AUTOCAR JAPAN sponsored by ABARTH
text:Kei Takeoka(竹岡 圭)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

もくじ

こんなにトルクあったんだっけ……
6MTか6AT ただそれだけなのに
街中の交差点ひとつ曲がるだけでも
クルマだけにしかないスピード領域で

こんなにトルクあったんだっけ……

ABARTH 70周年……。そんな風に歴史を振り返るならば、124と聞いてまず浮かぶのは、1972年に登場したABARTH 124ラリーだろう。

残念ながら当時のことはモノの本でしか知らないが、124スパイダーのABARTHレコードモンツァマフラーが奏でるサウンドに酔いしれながら、思いを馳せることはできる。

しかも青空の下で……。

ダウンサイジングターボエンジン全盛のご時世の中、際立って響く官能的な音色。「こんなにトルクあったんだっけ……?」。もはや自分でも呆れるほどの回数なのだが、毎度乗るたび改めて腹落ちさせるかのように、実感させられるパワフルさ。

やはりここが124スパイダーのいちばんのアピールポイントだとシミジミ思う。でも、そこから先がまだあるのだ。

このギャレット製のターボは「実は高回転域が得意なんですよ」と言わんばかりに、モリモリと力を発揮し続けてくれる。

そしてこのパワーをビルシュタイン製のダンパーが受け止める。クルマの動き方はナチュラルかつフラットだが、腕に自信がある人が振り回して楽しいと言い切れるくらい、高いポテンシャルを秘めている。

だからこそ、パンチとパワーでグイグイとドライバーを煽ってくるのだろう。

とはいえ見境なく暑苦しいわけではなく、走らせ方によっては、しっとりとしたGTクルージングが楽しめるフレキシブルさも併せ持っている。

少年の心を秘めた大人……。実はそんな1台なのかもしれない。