アウディTTに宿る「バウハウス的要素」とは? その100周年に現地を訪ねた インゴルシュタット篇

2019.12.04

AWD化、21世紀のスポーツカーの要件

グラントによれば、TTのスポーツカーとしての機能性やマン-マシン・インターフェイスが生み出す人間性や情緒を、初代(8N)が幾何学的に表現したとすれば、ワルター・デ・シルヴァの指揮下で描かれた2世代目(8J)は進歩的、彼が方向づけた3世代目(8S)はアイコニック、それが歴代TTのデザインという。

Audi TT Roadsterのヘッドライト。

「バウハウス的デザインというと、無機質でカクカクした線かと思われるかもしれませんが、機能とテクノロジーを美しいカタチにしていくのにアーティスティックで自由な発想でもって、世に広く膾炙させるための大量生産を前提としつつも、職人的手法で取り組むこと、それこそがむしろバウハウス的なのです」

そしてアウディのデザインチームにとって、バウハウス的アプローチは外側から意識するものではなく、日々の実践として内面化されたものと感じているという。

「エクステリアでもインテリアでも、まず素材をよく知ること、そしてどのようなテクノロジーに活かすか? つまり基礎研究から加工、デザイン、エンジニアリング的な実現まで、様々な職域がありますが、われわれにはアートと技術との共生を信じる、そういう背景があるんです」

初代TTが生まれた頃にはquattro、つまり独自のAWDシステムがアウディの走りを裏づける決定的なテクノロジーとなり、TTはスポーツカーとしてquattroの動的クオリティを代表する存在だった、という捉え方だ。