【辛口だが忠実な駿馬】アストン マーティン旗艦モデルのカリスマ性は DBSスーパーレッジェーラ試乗

2019.12.18

本物のメカニズムが放つオーラ

それにしても、前ヒンジのボンネットを開け放つだけで、DBSスーパーレッジェーラは魅せる。

ボンネットとルーフとトランクリッドにカーボンを用い、左右ドアパネルをアルミ製とすることで、DB11に比べて約70kgもの軽量化を果たしているのだ。

エンジンルームを覗き込むと、サスのストラット間だけでなくバルクヘッド側をも補強するブレースの下、前車軸からできるだけ後方寄りに搭載されたV12ツインターボは低く長く、その脇から左右フェンダー内を覗けばアルミニウムの鈍い光を放つ極太のAアームが見える。

そもそもカーボン製ボンネットが問題なく開閉できるよう、ヒンジを支えるメンバーのような細かなパーツにすら、アルミニウムがおごられている。

ミドシップや4WDのスーパースポーツGTでは忘れられてしまった、「マシンそのもの」に視覚的に触れられる喜びを、ダイレクトにかき立てる。

ちなみにDB11比でフロント10mm、リア20mmづつ拡大されたトレッドを収めるため、フレアした前後フェンダーも、アルミニウムのようだ。

ボディサイドのエアレットはフロントフェンダー内の空気を抜き取り、ノーズ周りのダウンフォース増加やフロントブレーキの冷却する。

またリアクォーターウィンドウ後端から入ったエアはトランクリッド下から抜かれ、ボディ下面のディフューザーと相まって高速域でのダウンフォースを稼ぐという。

獰猛なメカニズムを包む洗練されたボディワークと、どこか野性味あふれるスタイリングは、伝統として確かに受け継いでいるのだ。

 

人気記事