【春、遠からじ】あえて雨の日に、キャンバストップのトゥインゴに乗ってみた 本命の可能性

2020.02.03

電動キャンバストップを全開で、大らかに

そう、トゥインゴはスマート・フォーフォーと同じプラットフォームに基づいていたことを、もはや忘れさせるほど、しなやかな乗り心地とキビキビ感を、高いレベルで両立している。

街乗りから高速道路まで、このコンパクトさで懐の深さを感じさせる足回りは、さすがルノーという他ない。

4mアンダーの全長からオーバーハングをできるだけ切り詰めつつ長めのホイールベースをとったとはいえ、ショートホイールベースのコンパクトにありがちな、高速道路で継ぎ目ギャップの度に頭を前後に揺すられる不快さが、まったくない。

むしろどっしり、落ち着いてフラットな姿勢を保つ足さばきに惚れ惚れしてしまうほどだ。

0.9L 3気筒ターボと6速AT(EDC)のスムーズな連携も、このサイズのコンパクトカー離れしていると思わせるほど、さらに熟成を増した印象だ。

リア駆動を強く意識させるほどトルク感はないにせよ、右足の動きに忠実なレスポンスとトラクション、そして素直で小回りの効くハンドリングは水際だっている。

強いていえば、ステアリング中立付近、切り始めのフィールにもっと密な質感を求めたくなるが、そこを追い込むと軽量RRとして神経質に過ぎるのかもしれない。

だからこそ、後列シートの頭上まで電動キャンバストップを全開に開け放って、大らかに走るのが似合う、そういう図が想像しやすい走り味といえる。

しかもトドメに、これだけ完成度の高いキャンバストップ仕様ながら、通常モデルとの価格差は12万円高にとどまる。

利便性や経済性だけでなく、コンパクトカーとして「とっておきの何か」を求める人に、あるいはすでにトゥインゴを検討している人に、キャンバストップ仕様は決定的な1台といえる。

本国式ベーシック MT仕様も2/3より発売

キャンバストップを加えたばかりのルノー・トゥインゴだが、じつはこの春、再び5速MT仕様が登場する。

当初の「トゥインゴGT」のようなスポーツモデルというより、フランスで一般的なベーシック・グレードのMT版だ。

パリのような都市部で街乗りメインの現場では、EDCによって2ペダル仕様の割合も相当に増えてきたとはいえ、ドライビングにナチュラルに熱い一般フレンチの中には、左足も使わないと運転してる気がしない、そんなタイプもまだまだ多数。

右ハンドルでそうした仕様を手に入れられる、おそらく最後のチャンスだ。

キャンバストップのトゥインゴ 詳しくみる

 

人気記事