【これさえあれば】トレイル・レイテッドのジープ・コンパス 特別限定にしてシリーズ最上級

2020.04.06

サマリー

ジープ・コンパスはファミリーの中ではおとなしめのイメージ? 乗ってみると、オンロードでは上質感が、オフロードでは一歩先に行ける安心感があります。「トレイルホーク」ならではの恩恵もありました。

もくじ

「ジープ基準クリア」の最上級
思いのほか小さく、乗ると上質
悪路でも一歩先に行ける安心感

「ジープ基準クリア」の最上級

AUTOCAR JAPAN sponsored by ジープ・ジャパン
text:Takuo Yoshida(吉田拓生)
photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

コンパスはジープ・ファミリーの中ではおとなしめの1台と思われているかもしれない。

だがジープは日本で最も売れているアメリカ車ブランドであり、中でもコンパスは最も日本の道路事情に合ったサイズの1台であることを忘れてはならない。

今回試乗したジープ・コンパス・トレイルホークはコンパス・シリーズに用意された特別限定車である。ちなみにトレイルホークとはジープの各モデルに用意されている特別限定車である。

ラングラーやレネゲード、チェロキーといったモデルは通常のカタログモデルに最上級グレードであるトレイルホークの設定があるが、コンパスのそれは限定車としてのみ販売されている。

試乗車のボディカラーはブリリアントブラッククリスタルだったが、こちらはディーラーの在庫限りの色らしいので、気になった方はお近くのJEEPディーラーに問い合わせたほうがいいだろう。

限定車はボンネット中央がマットブラック仕上げになっている点と、専用の17インチアルミホイール等がアクセントとなっている。

またトレイルホークのエンブレムの他、フロントフェンダーには誇らしげに「TRAIL RATED 4×4 (トレイル・レイテッド4×4)」のバッヂも掲げられている。

これはジープが独自に設けたオフロード走行の基準であり、厳しいテストをクリアしたモデルだけに与えられる称号である。

4月18日には新たな限定色が出るというコンパス・トレイルホークを試乗し、ジャストサイズのジープの魅力に迫ってみることにしよう。

全国100台限定 ジープ・コンパス・トレイルホーク グレーマグネシオメタリック

 

人気記事