【梅雨時の交換で分かった!】タイヤ選びの新常識 ダンロップALL SEASON MAXX AS1

2020.06.30

サマリー

皆さんはタイヤにどんな性能を求めますか? 実は、オールシーズンタイヤの中には、スタンダードな夏タイヤより、ウエット性能が高いものが存在します。梅雨時のヒヤリ体験、ドライのハンドリング、突然の雪。シチュエーション別に調べてみましょう。

AUTOCAR JAPAN sponsored by Sumitomo Rubber Industries
text:Kouichi Kobuna(小鮒康一)
photo:Sumitomo Rubber Industries

もくじ

オールシーズンタイヤの豆知識
脱“どっちつかずのタイヤ”
年中履くなら譲れない 静粛性/雪道性能

オールシーズンタイヤの豆知識

ここ数年、注目度の高まっているオールシーズンタイヤ。

突然の降雪にも対応できるタイヤということで、頻繁に雪が降るわけでないが、年に数回は積雪の可能性がある首都圏のユーザーを中心に装着を検討しているヒトも増えている。

降雪路を走るオールシーズンマックスAS1を装着したVWゴルフ

もちろん、雪が降る時期になったらスタッドレスタイヤに履き替えるのがベストであることは言うまでもないが、年に数回あるかないかの降雪時のために、スタッドレスタイヤ代や交換の手間、外したタイヤの保管場所などを確保するというのはユーザーにとってかなりの負担となってしまう。

そのためオールシーズンタイヤに注目が集まっているということになるが、実は一口にオールシーズンタイヤといっても、サマータイヤやスタッドレスタイヤと同じく銘柄ごとに違いがあるということをご存知だろうか?

夏の霧ヶ峰を走るオールシーズンマックスAS1を装着したVWゴルフ

“夏タイヤよりもウエットに強い”オールシーズンタイヤの存在

そこで今回は、数あるオールシーズンタイヤの中から昨年秋に新たにリリースされた、ダンロップALL SEASON MAXX AS1(以下、AS1)に注目したい。

なんとこのタイヤ、同社のスタンダードなサマータイヤと比較して、ウエット性能やライフ性能が優れており、静粛性も同等だというのである。

一口にオールシーズンタイヤと言っても、夏タイヤ寄りの銘柄もあれば、冬タイヤ寄りの銘柄もある。雨が多い日本では、ウエット性能の良し悪しもポイントに。

オールシーズンタイヤはさまざまな状況の路面を走行できることと引き換えに、個々の性能はサマータイヤには及ばないというイメージがあっただけに、目から鱗という読者も多いのではないだろうか?

次ページからは、実際の走行性能について紐解いていきたいと思う。

 

人気記事