【梅雨時の交換で分かった!】タイヤ選びの新常識 ダンロップALL SEASON MAXX AS1

2020.06.30

年中履くなら譲れない 静粛性/雪道性能

また、オールシーズンタイヤでよく指摘されがちな点としては、走行時のノイズが挙げられる。

1年を通して装着するオールシーズンタイヤであれば、意外と看過できないポイントと言えるかもしれない。

しかし、AS1ではブロックを細分化することで路面からの入力を緩和し、ノイズを低減することに成功。

同社のサマータイヤ(前述のEC204)と比較してもわずか0.3dB差ということで、サマータイヤとそん色ない静粛性を手にしているのだ。

ウエット性能、静粛性も妥協しなかったダンロップのオールシーズンタイヤ開発が辿りついたAS1のトレッドパターン。ウインターシーズンの「高速道路冬用タイヤ規制」にも対応した。

また、前述の新開発コンパウンドの採用や深溝設計の恩恵で同社のサマータイヤ以上のロングライフを実現。季節ごとに履き替える手間が省けるだけでなく、擦り減ったタイヤを交換するサイクルも長くなるというのはダブルでありがたいところだろう。

半年もせずにやってくる 冬に向けて…

ここまではドライとウエット性能についてご紹介してきたが、AS1はもちろん雪上性能も抜かりはない。

雪道を走るオールシーズンマックスAS1を装着したVWゴルフ

トレッドセンター部分に刻まれたスイッチグルーブと呼ばれる横溝が雪柱せん断力を高め、力強いトラクションとブレーキングを発揮し、超マルチコンパウンドは積雪路面でもしなやかさを失わずにしっかりとしたグリップ力を発生してくれるのだ。

ちなみに、AS1は雪上での性能を発揮する一方、スタッドレスタイヤではないため氷上路面では、スタッドレスへ履き替えることをおすすめする。

とはいえ、ドライ路面での性能を体感した後ではにわかに信じがたい雪上性能であり、サマータイヤでは到底無理だと思われる積雪路面でもAS1は涼しい顔で走破してしまう。

AS1は21サイズを用意。13インチから18インチまで揃うので日本車のユーザーも選びやすい。

そして国際基準で定められたシビアスノー条件にも適合し、高速道路冬用タイヤ規制でも走行可能となる「スノーフレークマーク刻印」も備わっているので、まさに全方位抜かりなしのオールシーズンタイヤと言える。

オールシーズンタイヤは冬を目前にした時期に検討するユーザーが多いようだが、せっかく高いドライ/ウエット性能を持っているAS1なのだから、今の時期から装着してその実力を試してみるのもいいかもしれない。

ALL SEASON MAXX AS1 ウエットブレーキ性能テスト


DUNLOP ALL SEASON MAXX AS1 製品サイト
 

 

人気記事