スペシャルショップ・ナビ

RCエレファンテ

神奈川県愛甲郡愛川町中津7485-2
TEL /FAX : 046-211-6491
営業時間:11:00〜20:00(訪問の際は事前に連絡を) 定休日:月曜日
http://rc-elefante.com E-mail : Webサイトにメールフォーム有り

コアなデルタ乗りから支持される
チューニング&カスタムファクトリー。

チタンやカーボンなどのレーシーなマテリアルをも自在に操り、オーナーが思い描く理想のランチア・デルタを作り上げる知る人ぞ知るデルタのスペシャリストがRCエレファンテだ。

今回紹介するのは神奈川県愛甲郡のRCエレファンテ。ひっそりとした住宅街で営業しているその工場はいつもランチア・デルタで賑わっている。派手な宣伝などもしていないが、妥協なき仕上がりを求めるコアなデルタ乗りやクルマ・バイク好きたちから絶大なる信頼を受けている、知る人ぞ知るスペシャルショップなのだ。

2台のクルマと数台のバイクが入ればいっぱいの小さなファクトリー。そんな中、RCエレファンテではメンテナンスやチューニングにカスタム、そしてヘルメットのペイントに至るまで、ほとんど全てを代表の工藤 雅男さん自らの手で行っている。バイクのレースメカニックを目指してこの業界に入り、鈑金塗装、レースカー(富士フレッシュマンやミラージュカップetc.)やカスタムカー&バイクの製作などの多様な経験を持つ工藤さん。「もともと加工物などは外注していたんですよ。でも職人さんの引退や、お客様も自分も納得できるクオリティを追求していると、いつのまにか全部内製に……」と笑う。同社サイトに載っているデルタ用のボンネットやフェンダー、グリルやBMW Z1のボディパーツなどハイクオリティなカーボン製品は工藤さんの作だ。また、チタンやステンレスのエキゾーストなど素材フェチにはたまらないアイテムもワンオフ製作してくれる。さらには同社は元全日本GP500クラスのライダーである斉藤仁選手の公式レプリカヘルメットのペイントファクトリーとして公認されているので、RCエレファンテでペイントした新品のアライ製ヘルメットは純正カラーリング品と同じ扱いとなっている。

工藤さんのクオリティの追求はパーツ製作だけではなくメンテナンスやチューニングにおいても同様で、エンジンのオーバーホール時にはムービングパーツの精密なバランス取りやWPC処理(金属表面の摩耗摩擦耐性を向上する)を施すなど、とにかくフィーリング、性能、耐久性を追求するための手数と工夫を惜しまないのが特徴だ。また、デルタの弱点である冷却系を改善するためにウォーターポンプを電動化、効率の悪い旧式のタービンを最新の国産品に置き換えるなどの実戦的な手法で、20年越えのイタ車であるデルタを現代の路上で壊れずに我慢なく愉しめるクルマに仕上げてくれるのだ。

……と、クルマの維持にムダなお金がかからないような工夫をしてくれるRCエレファンテだが、そのための作業に妥協はないため、決してお安くはないし時間もかかる。あなたが「安く・早く」ではなく、理想の一台のためには何も惜しまないクルマ好きなら、同社の門を叩いてみてはどうだろうか。

新着ニュース

ニュース一覧

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN

スペシャル・インフォメーション

お店へのアクセス方法

高速・圏央道を圏央厚木ICで降りて右折、国道129号線を八王子・相模原方面に入る。2.2km先、山際交差点を左折(セブン・イレブンが目印)、県道65号線に入る。そのまま道なりに進むと桜台交差点で県道63号線に入る。その先350m、道路左側に焼肉店が見えたら向かいの路地に右折、最初の十字路を右折すると道路右側に店舗が現れる。
//]]>
×