スペシャルショップ

Garage Road(ガレージ ロード)

神奈川県横浜市港北区高田西4-45-27
TEL:045-620-2565 FAX:045-620-2566
営業時間:9:30~18:30 定休日:不定休
https://www.tsurumi-garageroad.com E-mail:[email protected]

カーエアコンの修理と車両の整備を
確かな技術で引き受けている認証工場

遠藤代表は44歳なので自動車整備業界では若手ということになるが、2009年に独立し、Garage Roadを設立した。入庫数の増加に伴ない、2014年から現在の工場を運用している。

横浜市の北部には腕のいいファクトリーが複数あり、認証工場としてユーザーの愛機を修理・整備しているGarage Roadもそのひとつだ。代表の遠藤さんは、かつて国産大手メーカーのディーラーで整備士として働き、2009年にカーエアコンの修理および車両の整備などを引き受けるGarage Roadを開業した。

Garage Roadがユーザーに提供しているメニューは多岐にわたり、列記すると、カーエアコン修理、タイミングベルト交換などをはじめとする一般修理、バッテリー、リビルト済セルモーター、リビルト済オルタネーターを中心とした自動車電装品を販売・修理(リビルト品がない場合は専門の電装整備士がオーバーホール作業で対応)、軽自動車から輸入車までを対象とした高価買取、リサイクルパーツの取り扱い、車検整備、ユーザー車検代行、カーオークション代行、鈑金塗装といった感じとなる。

多彩なメニューのみならず、整備料金の安さもGarage Roadならではのアドバンテージポイントなので、ホームぺージに記載されている整備料金一覧でそのリーズナブルな価格設定を確認してみてほしい。

既述したように、カーエアコンの修理および車両の整備が代表的なメニューとなるが、前者については1987年に登場した3代目ホンダ・プレリュード(BA5型)のオーナーが困り果てて駆け込んでくるケースが多いそうで、1983年にデビューしたワンダーシビックや1984年に登場した5代目トヨタ・マークII(70系)のカーエアコン修理も手がけているそうだ。Garage Roadでは全自動型フロンガス交換機を完備しており、的確かつ迅速に作業してくれるので、国産車、輸入車を問わず、カーエアコンの調子が悪い方は相談してみるといいだろう。

後者については一般修理と車検整備を並列で語ることにするが、もはや交換用のパーツが流通していないクルマに関しては、現在装着されている部品を取り外して直す“現物修理”も行っている。カーエアコンを修理する際にも、パーツが流通していない場合は現物修理を実施しているそうだ。一般修理と車検整備に関しても、まずは遠藤代表に相談し、早急に直したほうがいいところと後回しにできそうなところを見極め、その後の作業メニューを確定するといいだろう。

ホワイトの2008年式ポルシェ911カレラS(タイプ997)は車検整備=24ヶ月点検で入庫していたが、Garage Roadは認証工場なので、車検に合格したクルマに交付されるシールを貼ることができ、記録簿も書くことができる。また、Garage Roadのファクトリー内には、オートマチックトランスミッションのフルード(オイル)を簡単に交換できる全自動トルコンチェンジャー、ホイールバランサー、タイヤチェンジャーなども設置されているので、ワンストップサービスで愛車を整備をオーダーすることができるのだ。

ひとつのショップを主治医として、愛車のグッドコンディションを保ちたい自動車趣味人は、カーエアコンの修理や車両の整備などを確かな技術で手がけてくれるGarage Roadを頼ってみるといいだろう。

アクセス

スペシャル・インフォメーション

お店へのアクセス方法

有料道路の最寄りの出口は第三京浜の都筑インター。料金所を出て、分岐を左へ。突き当たりの「都筑インター入口」信号を右折。直進し、その先の「東山田スポーツ会館前」信号を右折。アウディの販売店がある交差点の信号を左折。坂を上って行った先にある逆Y字型コーナーを右折。そのまま進み、横浜市立高田中学校の前にファクトリーが存在。