スペシャルショップ・ナビ

アンフィニー

東京都八王子市鑓水218-1
infini036@gmail.com

W124型500E/E500専門店として
熱心なフリークを徹底サポート。

各種パーツ類を独自ルートにて海外から直接かつ安く仕入れ、なおかつオリジナルパーツも製作しているアンフィニーでは、良心的なコストにて一生モノの500E/E500を仕立ててくれる。

アンフィニーは、W124型500E/E500のチューニング、日々のメンテナンス、車両の初期化を手がけているスペシャルショップだ。各種オリジナルパーツ(スプリング、ホイール、ローター、キャリパー等)をプロデュースしており、ノーマル志向のユーザーからモディファイ志向のユーザーまでを徹底サポートしている。

代表の森岡さんは、かつて、Gr.A スカイラインのメカニックを務めていた。フリーランスになってからも上級カテゴリーで戦うレースカーのメカニックを務めていたという。

メカニックとして活動しながら、森岡さんはメルセデス・ベンツ190シリーズを愛用していた。190シリーズから乗りかえるかたちでW124型500E/E500(1992年式)を購入したが、この愛車のチェンジをきっかけとして森岡さんの人生が大きく転換した。というのも、W124型500E/E500のクルマとしての完成度の高さに感化され(平たく言うとハマってしまい)、W124型500E/E500専門店をオープンしてしまったからだ。

森岡さんによると、500E/E500は「ドライバーが頭の中でイメージしたとおりに動くクルマ」とのことで、アンフィニーでは持ち前の高性能を維持するためのメンテナンス作業、本来のパフォーマンスを取り戻すためのリフレッシュ作業、そして、さらなる高性能を手に入れるためのバージョンアップ作業等を引き受けているのであった(もちろん、ノーマル重視派も大歓迎)。 

ちなみに、アンフィニーがユーザーに提案しているオリジナルパーツは多岐に亘り、既述したスプリングやAP製キャリパーに合うホイール+ローターキットだけでなく、オリジナル触媒付マフラーやブレーキダストが少ないノーマルローター用パット等もラインナップしている。また、トラブルを起こしてしまった純正コンピューターの修理も手がけているので、愛車のアイドリング不調がどうにもこうにも気になっているという500E/E500ユーザーも、この機会にアンフィニーにメールを送信してみるといいだろう。

バージョンアップに関しては、足まわり系のお約束メニュー、マフラー装着の他に、CPUの書きかえ、クランクのバランス取り、金属摺動部分へのWPC処理およびDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングといった多様なメニューを用意している。

「弱い部分が分かっていて、そこを補強しているので、耐久性の高い高性能なエンジンを作れます。もてぎの“Joy耐”で7時間連続高速走行をしたことがありますが、まったく問題なしでした」とも森岡代表は語ってくれた。車両の販売こそ行なっていないが、買っても大丈夫なクルマを探してくれる(見極めてくれる)ので、とりあえず500E/E500を買って、アンフィニーで仕上げてもらうのが得策だろう。なにはともあれ、まずはアンフィニーへのメール送信から始めていただきたい。

新着ニュース

ニュース一覧

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN

スペシャル・インフォメーション

まずはメールにて連絡を(infini036@gmail.com)