スペシャルショップ・ナビ

カムズファクトリー

神奈川県横浜市港北区新羽町412
TEL:0120-315-610/045-531-2221 FAX:045-541-5172
営業時間:9:30〜19:00(日曜日・祝祭日は10:00から) 定休日:月曜日
http://camsfactory.jp E-mail:info@camsfactory.jp;

ボルボとアウディに多彩なサービスを提供
90年代ボルボの“復刻”も手がける。

自社内に認証工場からボディショップまでを備えるカムズファクトリーは、クルマ選びから保険、メンテナンスまでをワンストップで提供する、守備範囲の広さが特長だ。また、90年代のボルボ車のリフレッシュも評判だ。

ボルボやアウディ、フォルクスワーゲンのユーザーを手厚くバックアップしていることで知られる新横浜のカムズファクトリーは、ユーザーとその愛車を完全サポートできる体制を構築している。

カムズでは車両のオーダー販売(申込→車両紹介→実車確認→試乗という流れで契約できる嬉しいシステム)、各種点検、整備、修理、車検、鈑金塗装、チューニング、カスタマイズ、自動車保険販売、レッカー出動、事故処理までを手がけている。ユーザーはこれらの充実したサービスをワンストップで享受できるというのが、同社の大きな特長なのだ。その他にはなんと介護施設向けサービス(車椅子昇降リフト修理)なども行っているという。

カムズがこのようなワンストップサービスを提供できるのは自社内に充実した設備を備えているからこそ。同社のファクトリーは損害保険会社指定工場となっており、4輪アライメントテスター、床下フレーム修正機、低温焼付塗装ブースといった機器までをしっかり完備している。積載車も自社にて運用しており、事故車両の受け入れはもちろん、不運にも様々なトラブルに遭遇してしまった欧州車のレスキューについても迅速に対応してくれる。

そんなカムズがエンスージァストに向けて新たに始めたサービスが、850、初代V70、960などの’90年代ボルボ車を同社のノウハウを総動員してリフレッシュした“復刻車”の製作と販売だ。

同社代表の武藤秀明さん自身も思い入れのあるというこれらのチョイ旧ボルボだが、ヒストリックカーというには微妙な年代であることも事実。しかし痛んだ塗装を全て剥離してのオールペイントや惜しみない新品パーツの投入などで、限りなく新車時の雰囲気を取り戻し、ホイールの色合いやディテールなどにカムズのセンスを効かせた“復刻車”はディープな’90年代ボルボファンから大きな評判を得ているという。

“復刻車”は順次製作中とのことなので、気になる方はカムズファクトリーに問い合わせてみては?

新着ニュース

ニュース一覧

新着ストックカー・リスト

ストックカー一覧

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN

スペシャル・インフォメーション

お店へのアクセス方法

第三京浜の港北ICを出て左折し、新横浜方面へ。日産スタジアムを過ぎた次の大きな交差点(労災病院北)を左折。左折後すぐの新横浜大橋を渡り、信号を直進。信号を過ぎて約100mほど走ると左側に店舗がある。