スペシャルショップ・ナビ

ガレージグループ4

東京都小金井市前原町5-1-39
営業時間:10:00〜18:00 定休日:日曜日、月曜日
TEL:042-385-0005
http://www.group4.co.jp/ group4sato@gmail.com

オーリンズのオーバーホール
メンテナンスショップなら此処。

武蔵野の地に建つスペシャルショップ、ガレージグループ4はオーリンズのオーバーホールやセッティングを通してあなたに理想の走りを提供してくれるコンシェルジュだ。

オーリンズといえばクルマ好きとりわけモータースポーツ愛好家なら誰もが知る、ハイエンドなショックアブソーバーのブランドだ。ゴールドのダンパー、そしてブルーとイエローのロゴマークは走りに対してシリアスなユーザーにとって憧憬の対象であるともいえる。また近年では独自のサブピストン技術であるDFV(デュアル・フロー・バルブ)やPCV(パラレル・コンプレッション・バルブ)採用することにより、しなやかと運動性の両立を高次元で成し遂げ、圧倒的なアドバンテージを持つに至っている。しかし、如何に高品質なショックアブソーバーといえど、その性能も永続的なものではなく、距離を重ねれば内部パーツの消耗やオイルの劣化により、初期の性能を維持できなくなってくるのも必然だ。

東京都小金井市にあるガレージグループ4は、オーリンズより認められた正規のオーバーホールショップ。国内には数店舗しかないという、メーカーより純正パーツの供給を受けて店内で独自にオーリンズ製品のオーバーホールおよびセッティング変更をおこなうことが許されている、オーリンズ・メンテナンスショップなのだ。

まさにオーリンズ一色の店内には、ノーマル形状から別タンク付き車高調キットまで、オーリンズのショックアブソーバー各モデル、そしてステッカーやワッペンなどのグッズ類がセレクトショップのように余裕を持ってディスプレイされている。さらにそれらに混じってバンプストップラバーにダストカバー、調整用のカラーやアジャスターといった補修部品、そしてシリンダーや別タンクなどショックアブソーバーの構成部品など、他のショップでは見たことのないようなパーツも並んでいる。

しかし、実はガレージグループ4のスペシャルショップたる所以はそのさらに奥にある。ショックアブソーバーのオーバーホール作業をおこなうための工房が設けられているのだ。異物の混入を嫌う細密な作業が要求されるため、常にクリーンに保たれた作業台の上には、分解されたショックのバルブやロッド、調整シムなどの部品や特殊工具類がさながら手術室を思わせる整然とした雰囲気で並べられている。この場所でオーリンズの純正パーツのみを使用してオーバーホール作業がおこなわれるのだ。また、その傍らにはショックの性能を数値として把握できるショックテスターも設置されている。これらの作業は非公開となっているのが常だが、なんとガレージグループ4では工房の見学が可能となっている。自分のオーリンズ製品の状態や作業の進捗状況についての説明を受けることもできるのだ。また、同社はストリートはもちろん、路面状況の変化への対応やタフネスさの面で非常に高いレベルを要求されるグラベルでの経験とデータの蓄積が充実している。ゆえに最終的な実走テストも含めてのセッティング能力の高さに定評があり、違いのわかるベテランユーザーたちから高く支持されているのだ。

そんなガレージグループ4が近年、特に力を入れているのがインポートカーへの対応だ。同社のオリジナル制作によるアバルト500用オーリンズ・サスペンションキットはリア側に別タンクを備え懐の深いストロークを確保、乗り心地が良くコーナーも楽しいという、ワインディングからロングランまでをこなすセッティングとなっている。

ストリートユーザーにとって、ショックのオーバーホールはそう頻繁におこなうものではないだろう。しかし、もし愛車にオーリンズ製のショックが装着されていて、その良さを永く堪能したいというのならば、武蔵野のガレージグループ4を訪れてみるといい。オーリンズを知り尽くしたコンシェルジュがそのショックをはじめて装着した日の、あの走り味を取り戻してくれるから。

新着ニュース

ニュース一覧

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN

スペシャル・インフォメーション

お店へのアクセス方法

(都内より)中央自動車道を調布ICで降り、富士見町一丁目交差点を右折し、国道20号線に入る。その先約3.6kmの若松町二丁目交差点を右折し、都道248号線に入る。約1.5km先の浅間町二丁目交差点を過ぎて約300m先の左側に店舗が現れる。