スペシャルショップ・ナビ

クレバートリック

東京都町田市能ヶ谷3-10-24
営業時間:9:30~19:00 定休日:日曜日、祝祭日
TEL:042-708-2377 FAX:042-708-2378
http://clevertrick.jp/  E-mail: info@clevertrick.jp

小さな修理から縫製、レストアにカスタマイズまで
進化し続ける自動車内装の“仕立て職人"。

業界の習慣や既存の方法に満足することなく個々のクルマとユーザーにとっての最善・最適を常に探求してゆく。そんな自動車内装のスペシャリストをご存じだろうか?

単なる運転のための装置としてだけではなく、“移動する時間”に快適さと心の豊かさをもたらし、ヒトとクルマを深く結びつける空間として存在するインテリア。今回ご紹介するクレバートリックは、それらの小さな修理からレストア、そしてカスタマイズまでを幅広く深い技術と熱意をもっておこなっているスペシャルショップである。

ひとまとめに“内装の修理・張り替え・レストア”といっても、そこに使われている素材や技術は非常に多岐に渡っている。そのため作業は部分ごと、それぞれの専門家が受け持つことが多い。しかし、それぞれの専門的要素を全体的に見渡せる体制が一貫していなければ本当の意味での“修理・張り替え・レストア”は成し得ないのではないか? と考えるクレバートリックでは、多くを社内で一貫して行える体制を作り上げているという。すなわち、クリーニングからダメージの補修、そして表皮の張り替えやウレタンの交換、成型など、多様な技術の中からそのクルマにとっての最善を組み合わせていくことができるのだ。同社が“リコンディショニング”と呼ぶ(技術の複合技)この手法によって、自然で違和感のない仕上がりで、車内の時間を自在に巻き戻すことができるのだ。

また、その過程においても素材や技術・技法への追求に余念がない。例えば革のシートひとつをとっても、作られた時代や国、デザイナーそして縫製の方法など多くの要素が組み合わさっており、その全てを読み解いてこそ正しい修理・レストアが可能となる。そのためにクレバートリックでは、素材を求めて海外まで赴いたり、場合によっては革の製作からはじめるということも珍しくないという。そのような過程の産物として、日本国内では入手困難なイタリア製のアルカンターラ生地(日本製とは色や質感が大きく異なる)やコノリーレザーと同質の革素材なども同社では取り扱うことができる。また同業他社でもなかなか見かけることのない機材も多く導入している。

そしてその姿勢は内装のカスタマイズにおいても同様。本来のカー・デザイナーによってすでに美的な調和がとられているオリジナルの内装。そこに手を入れるのならば、その感覚や色・素材・製法などへの意図をしっかりと理解した上で、“遊び心”をデザインできる技術と感性が必要となる。だから、色彩やデザインなどを学び、オリジナル・デザイナーの意図を感じ取るセンスを磨く努力もおこなっているという。

こうした一見、時間やコストを度外視しているとも取れる同社の行動だが、それが“仕立て職人”としての熱意と、旧い習慣にとらわれず常に進化し続けようとするクレバートリックのスタイルなのだ。たしかに“早くて安い”イマドキの流行ではないが、愛車を大切に長く保っていたいのであれば、まずは同社を訪問して、クルマへの想いを語らい合うところから始めてはいかがだろうか。彼らはきっとそんなあなたの想いに応えてくれるはずだから。

新着ニュース

ニュース一覧

  • エアコン吹き出し口から黒いスポンジ状のものが出てきませんか?

    2017.12.23

    クレバートリックの佐伯です。 あなたのフェラーリの室内やシートの上に、黒くて手で摘める大きさのスポンジ状のものが落ちていることはありませんか? あるいはエ...

  • 様々な欧州ヒストリックカーの内装生地をご用意できます

    2017.01.27

    クレバートリックの佐伯です。 弊社では様々な欧州車メイクスのヒストリックカーの内装レストレーションに 対応できるように、様々な年代のファブリックをお取り扱いして...

  • 曇ったメッキモールも磨きます

    2016.07.19

    クレバートリックの佐伯です。 こちらは欧州車に多いメッキモールの曇りを磨いている様子です。短時間での作業が可能ですのでお気軽にご相談ください。 ...

  • 透過照明スイッチも修復できます

    2016.07.13

    クレバートリックの佐伯です。 こちらはマセラティ・クアトロポルテの透過照明スイッチパネルの修復・再現の様子です。リアデフロスタースイッチはロゴがなくなっていたた...

  • クラシックの生地を仕入れに欧州へ

    2016.06.24

    クレバートリックの佐伯です。 弊社の縫製部門では、今回の長期休暇を利用して生地の仕入れに行ってきました。 まずはヘッドライナー生地やシート生地などが大量にある中...

  • オールド・フェラーリ用の革を特別注文

    2016.06.17

    クレバートリックの佐伯です。 こちらはオールド・フェラーリの内装に使用されている革です。インテリアのレストレーションにあたって当時の革サンプルを所有している会社...

  • ヨーロッパで飛び石修理の練習

    2016.06.08

    クレバートリックの佐伯です。 今回の欧州での研修旅行では、飛び石の修理の技術訓練などもしてきました。写真は練習途中のものです。まだまだ完成度は低く、師匠からは練...

  • 自動車の歴史を見てきました

    2016.05.17

    クレバートリックの佐伯です。 ゴールデンウィーク中は弊社スタッフと一緒に欧州へ研修旅行に行ってまいりました。オランダのハーグでは自動車の博物館であるローマン博物...

  • 1台分の樹脂内装パーツを並べると・・・

    2016.03.09

    クレバートリックの佐伯です。 内装の樹脂製パーツの修復を多く承るマセラティ・クワトロポルテですが、修復する部品を取り外して並べてみると、とても写真のフレームに収...

  • 稀少な内装部品の修理も多数承っています

    2016.02.23

    クレバートリックの佐伯です。 こちらは先代モデルのマセラティ・クアトロポルテ(MQP型)に使用されている BOSE NITモジュールユニットです。やはり表面の塗...

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN

スペシャル・インフォメーション

お店へのアクセス方法

(都内から)国道246号線を下り、市ヶ尾駅前交差点を過ぎてすぐの高架で側道に入る。その先市ヶ尾交差点を右折、県道12号線に入る。約6.0km走ったら突き当たりの上麻生交差点を左折、県道3号線に入る。その先約500m、藤の木交差点(タイヤショップが目印)を越えてすぐ、道路左側に店舗が現れる。
//]]>
×