スペシャルショップ・ナビ

トゥルッコ

埼玉県川口市青木1-6-1-1F
TEL:048-242-4610 FAX:048-242-4611
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月曜日、レース・イベント開催日 E-mail:trucco@kt.rim.or.jp

至福のイタリア車ライフを完璧にサポート
クルマを通して、イタリア的な楽しみ方を提唱。

イタリア車を存分に楽しんでもらうことを基本ポリシーに、車両から純正パーツの販売、メンテナンスやモディファイまでを行い、全面的にサポートしてくれる心強い存在がトゥルッコだ。

イタリアは美意識の高い国だけに、あらゆるものが格好いい。それはクルマでも同様でフェラーリなどのスポーツカーはもちろんのこと、フィアットなどのベイシック・モデルでも、他国のモデルには見られないスタイリッシュさが魅力だ。機能を確保した上で絶妙にデザインされたスタイリングは、いつの時代もクルマ好きにとって宝石といえる存在だ。

そんなイタリア車のデザインと人間的な走りに魅了されたトゥルッコの橋本代表は、この楽しさを広く伝えるべくショップを始めたのである。イタリアの小型車を存分に楽しんでもらうためにオープンしたのがトゥルッコなのである。

トゥルッコはイタリアのジェノヴァで活動する老舗ショップであるA.TRUCCOの姉妹店として20年前にオープン。本店との強力なタッグにより、イタリア直輸入の車両の販売から新旧モデルの純正パーツ供給、メンテナンス、ドレスアップからチューニングまでを完璧にこなし、イタリア車ファンから絶大な信頼を得るに至った。

さらに橋本氏はイタリア車のみならず、イタリアという国のおおらかな生き方に共鳴する一人である。当然その考え方がトゥルッコのベースとなっており、イタリア車をきっかけに陽気なイタリア的ライフスタイルを楽しんでほしいという願いがある。

JRの川口駅と国道122号線の間にあるトゥルッコは、ちょっと雰囲気のある古びたアパートメントの1階にショールームがあり、イタリアの郊外でよく見られるディーラーのような雰囲気を漂わす。そしてエントランスから奥を見れば、鉄骨がむき出しで天窓から光が入るイタリアの修理工場そのものという日本離れした光景が広がる。橋本氏もこのイタリア的な雰囲気の日本離れしたファクトリーだったことから、この場所を決めたという。広いファクトリーには4基のリフトとアライメント・テスターを備え、より充実したサービスを提供する。
道路に面したショールームには、フィアット600や500Dなどの貴重なユーズドカーを始め、数多くのアクセサリーやドレスアップ・パーツ、チューニング・パーツが在庫され、豊富な種類の中から見比べて選ぶことが出来る。

トゥルッコではイタリア車の点検整備から車検はもちろんのこと、これまで数多く手掛けてきた経験を基に、モディファイやチューニングも完璧に行う。純正パーツはフィアット500、600、850系から現行モデルまで、イタリアとの独自のルートにより貴重なパーツがストックされている。また、これまでのレースで得た技術を基に、アラゴスタなどのサスペンション・キットの開発にも協力していることもトゥルッコの技術力の高さを物語る。このほか’’60?70年代のキャブレター車を見た目はそのままにインジェクション化するプロジェクトが進められている。同社のワークスカーだったグループ4仕様のアウトビアンキA112アバルトで行う予定で、希望者に引き継ぐことも可能とのこと。

現在アバルト500やプント系用に、131アバルトで使われたクロモドラ製ホイールをイメージしたトゥルッコ・オリジナル・ホイールを準備中で、間もなく発売とのこと。

橋本氏は、イタリア車は走らせてこそ楽しい乗り物という考えを持つだけに、フィアット・オーナーに走る機会を提供するためフィアット・フェスタを毎年開催している。今年で21回目を迎える老舗イベントで、当初から走りを優先したイベントとされ、絶大な支持を得てきている。また、この日を目標にクルマを仕上げるオーナーも多いという。

このようにハード、ソフト、ライフスタイルと、イタリア車ファンを全面的に支えてくれる頼れる存在がトゥルッコなのである。

新着ニュース

ニュース一覧

新着ストックカー・リスト

ストックカー一覧

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN

スペシャル・インフォメーション

お店へのアクセス方法

都内からは国道122号線に入り荒川を渡り、約1.5km先の「末広」交差点を左折。そこから約800m走ると角のシュテルン川口のある「市役所東交差点」を左折。一つ目の十字路を越えた先の左側にある。