スペシャルショップ・ナビ

イコールオートサービス

静岡県浜松市東区恒武町221-5
TEL:053-431-5001 FAX:053-431-5002
営業時間:10:00〜19:00(11:00〜18:00/日曜日)
定休日:月曜日、第2日曜日
http://www.equal-auto.co.jp

12月16日から新店舗でリニューアルオープンの
新旧イタリア車、ドイツ車の「身近な整備工場」。

12月16日に遂に新店舗に移転したイコールオートサービスでは、ユーザーのニーズに合わせた高度な整備・修理技術を提供している。敷地面積150坪という規模で展開される新店舗もクルマ好きの憩いの場となるだろう。

静岡県の浜松といえば、日本を代表するモーターサイクル/クルマ・メーカーの発祥地であり、今日でも国内自動車産業の根幹を支える要所となっている。おそらく、脈々と受け継がれてきた“遠州魂”のようなものが、2輪/4輪にかかわるすべてのシーンにおいてもイイ方向に働いているのだろう。
 
今回お邪魔したイコールオートサービスからも長年欧州車の整備を手がけてきた小楠 均代表(ジュリア・クーペやデルタを愛用してきた根っからの自動車趣味人)のこだわりを強く感じることができた。国産車ディーラー勤めを経て、欧州車ディーラーのメカニックとして17年間勤務(静岡県内にあるガレーヂ伊太利屋系販売店の工場長として活躍)してきた小楠代表は、1994年に念願だった自身の修理工場であるイコールオートサービスを開設した。
 
ちなみに、これは余談になるが、小楠代表が往時に整備していたガレイタ取扱車両といえば、ランチア(デルタ、037ラリー、ベータ・クーペ、モンテカルロ、トレビ、フルビア)やデ・トマソ・パンテーラといったクルマたちだ。いずれも高い技術力が要求されるクルマばかりなので、それらの車名を聞いただけでも小楠代表の腕のよさを窺い知れるといえるだろう。
 
さて、イコールオートサービスでは、小楠代表が長年培ってきた質の高い整備技術を自社認証工場にて欧州車ユーザーに提供することを企業理念としている。同社では、ランチア・デルタ(取材当日にランチア・テスターを完備する店舗前に置いてもらい、写真を撮ったデルタは、日本に一台だけしか棲息していないデルタHFインテグラーレHi.Fi./イコールオートサービス所有車)やドイツ車(メカニックの小楠英亮さんがドイツ車ディーラー出身)と共に旧いイタリア車の点検や車検等を得意としているが、絶版車の稀少パーツを海外から直接入手(イタ車系のパーツはミラノ在住の日本人スタッフにオーダー)できるようにしているため、車両の初期化のようなメニューも的確にこなしてくれる。
 
また、作業工程の写真を撮り、ユーザーへの納車時に交換パーツや作業風景を見てもらっている点や稀少輸入車の販売を手がけている点もトピックで、趣味性が強い欧州車との生活を末長く続けていきたい方は、この機会にイコールオートサービスを頼ってみるといいだろう。

新着ニュース

ニュース一覧

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN

スペシャル・インフォメーション

お店へのアクセス方法

東名高速浜松インターを下りて姫街道(県道65号線)を浜松市内と反対方向の北へ。800mほどいった貴平町の交差点を右に曲がって笠井街道(県道45号線)にはいる。200mほど先の桓武町の交差点を越えた直ぐ左側がショップ。