スペシャルショップ・ナビ

株式会社杉山自動車工業

静岡県三島市安久148-11
TEL:055-977-1089 FAX:055-977-2381
営業時間:8:30〜17:30
定休日:木曜日(第1木曜日は営業)、第1日曜日が関係する金土日、祝祭日
http://www6.shizuokanet.ne.jp/sugiji/ E-mail:sugiji@shizuokanet.ne.jp

各種ボディ修理もこなす
メンテナンス専門ファクトリー。

メンテナンス・ファクトリーとして45年というキャリアを誇っている杉山自動車工業は、趣味性が強い英国車を中心車種として、一般整備、車検から事故車修理、FRPボディ修理・制作までを手がけている。

卓越したボディ&フレーム修復技術を誇る腕のいい工場が日本にもあったのか……。杉山自動車工業を訪問し、高精度フレーム修正機(GLOBALJIG)の上に載せられたスーパーセブンやファイバーボディの入念な修復作業がなされていたエラン等を見た瞬間、素直にそう思った。

クラシック・ミニ事情に明るい方は、かつて杉山自動車工業が自社制作のスペシャル・ミニにてジムカーナに参戦していたことをご存知だろうが、同社の本業は英国車(一部イタ車も入庫)の一般整備、車検、各種オーバーホール&チューニング、鈑金塗装、事故車修理、FRPボディ修理・制作等を手がけている日本有数のファクトリーだ(最新のマテリアルにも精通している杉山専務をはじめとするメカニック全員がフロントマンの役割も果たしている)。

鈑金塗装およびFRPボディ修理・制作といったボディワーク全般を杉山専務が担当し、3名のサービス担当スタッフが整備等を行なっているが、ユーザーから事前連絡(→車両の症状を聞く)を受け、その後、愛車を持って来てもらうシステムを採用しているため、的確なスケジューリングのもとで順次作業が行なわれている。

無駄のない日程組みと共に杉山自動車工業が身上としているのが完全見積制で、まず入庫車両の各部をチェックし、続いてユーザーに整備コストを提案することを実践している。予算オーバーだった場合は作業の優先順位を決め、重要な部分から整備していくのであった(交換した部品を必ず見てもらう点もポイント)。

そろそろ愛車のリフレッシュを考えている方は、この機会に杉山自動車工業に連絡してみるといいだろう。きっと、老舗ならではのノウハウで、各部を最適化してくれるに違いない。

また、冒頭でも述べたように、杉山自動車工業がユーザーに提供しているボディ&フレーム修復技術はココでしか享受することができない高度なものだ。ご存知の方が多いかもしれないが、AC Mindsからのオーダーで、不運にもトラブル(事故等)に見舞われてしまった英国製スポーツカーの修理を杉山自動車工業が担当している。その他、経年劣化等の外的要因によってファイバーボディがダメになってしまったロータス等の修復も確かな技術で行なってくれる。往年のエランやヨーロッパ等を愛用している方は、一度相談してみていただきたい。

新着ニュース

ニュース一覧

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN

スペシャル・インフォメーション

お店へのアクセス方法

東名高速の沼津IC/新東名の長泉沼津ICを出て、東駿河湾環状道路へ。国道1号線と交わる交差点を右折し、その後『南二日町I.C』信号を左折。下田街道(136号線)を南下して『安久北』信号のところまで進むと左側に店舗が出現