スペシャルショップ・ナビ

ウッドコートガレージ

静岡県御殿場市柴怒田961-64
営業時間:10:00〜19:00 定休日:不定(イベント参加時など)
TEL:0550-88-0078 FAX:0550-88-0178

ヒストリック&ビンテージからレーシングカーまで
個性的なクルマたちが集うガレージ。

富士山を背負う御殿場の地に密かに佇む風情の一軒のガレージ。ウッドコートガレージはジャガーやルノーをはじめとした英仏のヒストリックカーから、ロータスにアストンといったビンテージやレーシングカーまでを扱うメンテナンス・ガレージだ。

東名高速の御殿場インターから須走を抜けて東富士五湖道路へ繋がる国道138号線から外れ、片側に富士を見ながら続くストレートにポツンと建っているグリーンのガレージ。それが今回ご紹介するウッドコートガレージだ。看板すら掲げていないが、ガレージ前の広いスペースに置かれたクルマたちに目を惹かれる。この日はBMW2002、アルピーヌA110にアストン・マーティンV8、ランドローバー・ディフェンダーといったメンツが佇んでいた。

「ドライブ中にたまたまウチの前を通り過ぎて、引き返して入ってこられる方も多いですね」とは代表の片山朝道氏の弁。欧州のヒストリックカーを扱うスペシャルショップで長年にわたってメカニックやバイヤーとしての経歴を重ねてきた氏は、EタイプやXJなどのジャガーやセブン、エランからフォーミュラカーまでを含むロータス、そしてアルピーヌやルノーなど、ビンテージからネオクラシック世代の英仏車を得意としている。また、この日は見かけなかったがイタリア車の入庫も多い。目に付かない部分の仕上げにまで気を遣う丁寧で几帳面な仕事は、多くのベテラン・エンスージァストや同業者からも信頼が篤く、都心から離れたロケーションながら、都内はもちろん遠くは関西より愛車を託すオーナーも多いという。

また、同社はキャブレターやエンジン調整、足回りのセッティングの的確さにも定評がある。これはクルマのメカニズムへの思い込みのない正しい理解と経験、そして片山氏のドライバーとしてのスキルの高さによるものであるといえる。また御殿場という場所がら、実走によるセッティングを存分におこなえるということもプラスになっているのだろう。実際、ヒストリックカー・ラリーや、ほど近い富士スピードウェイで走行するクルマのサポートを任されることも多く、この日はオートカーフェスティバルに参加したBMW2002が整備中であった。むろん自らステアリングを握ってのイベント入賞経験も多い。実は工場の奥には片山氏が所有するトライアンフ・ドロマイト・スプリントのグループ2ワークスカーが眠っており、筆者個人としてもこのクルマのサーキット復帰を楽しみにしている……。

確かに都心からは少し遠く、敷居の高いショップに見えるウッドコートガレージだが、実はさにあらず。ライトウェイトからオフローダー、そして国産旧車など、様々なクルマ好きたちが集うアットホームさも併せ持ったスペシャルショップなのだ。ぜひドライブがてらにでも気軽に訪れてみて欲しい。

新着ニュース

ニュース一覧

アクセス

Web Services by Yahoo! JAPAN

スペシャル・インフォメーション

お店へのアクセス方法

東名高速道路を御殿場ICで降り、料金所の先の信号を左折、御殿場バイパス・国道138号線に入る。その約8km先の水土野の信号を左折(喫茶店が目印)、その800m先の道路右側に店舗が現れる。(右折時は対向車に注意)