スペシャルショップ・ナビ

1992 ランチア・デルタHFインテグラーレ・エボルツィオーネI > SOLD OUT

年式:1992年 ミッション:フロア5MT 走行距離:43,500km 車検:検査受渡し ハンドル :左ハンドル車 修復歴ナシ 排気量:1990cc  エアコン パワステ パワーウインドゥ(前席) ABS アルミホイール エアロパーツ 基本リセット(エンジン、足回り) ボディ全塗装済

ジギルとハイド

どうしてこれほどまでにLANCIA Deltaを愛するユーザーが多いのでしょうか。WRCのチャンプカーはDelta以外にも存在しますし、Group-Aカーに絞って国産車も含めて考えてみれば、もっと現代の交通事情にマッチしたお手頃なモデルもあるのではと思います。それでも多くのDeltaオーナーはその愛車をファーストカーとして日常生活で使用されています。その購入のきっかけがWRCでの活躍であったとしても、日常での使い勝手が悪ければ、単にコレクターズアイテムになってしまうのですが、Deltaの魅力は所有してからも決して色あせることがありません。

現代の基準で見れば小型車と言っても良いほどのボディサイズに加えて、意外にありそうでなくなってしまった4Dr.HTというボディ形式は日常生活で買い物のアシとしても活躍してくれます。そしてストロークが充分あり、決してガチガチではないノーマルのサスペンスションは、同乗者にも受け入れてもらえるレベルで、ストイックに一人ドライブを楽しむだけでなく、同乗者を乗せてのドライブもこなしてくれます。

Deltaの魅力はこの柔剛の二面性で、ターボにフルブーストをかけない状態では、実にジェントルな乗り味であることに対して、ドライバーが戦闘モードに入りスポーツドライビングを楽しもうとした時にはそれに応えて、WRCでの活躍の軌跡を思い出させてくれるのです。
確かに、これほどまでの二面性を持ったクルマはそうはないでしょう。ファミリードライブからスポーツドライブまで全てをこなし、尚且つ歴史と伝統に裏付けられたLANCIA Works最後の集大成とも言えるDelta Evoluzioneは、所有する喜びだけでなく、ドライブする喜びも齎してくれる稀有なクルマだと言えるでしょう。

Delta Evoluzioneの中でもこのEvoluzione-Ⅰと呼ばれるモデルはLANCIAがWRC連勝を期して投入した最後のモデルで、さらに進化を遂げて登場したEvoluzione-Ⅱと比べても今尚、ファンの多いモデルです。

Evoluzione-Iの最大の魅力はそのターボで、2500rpm辺りから加給を始め、一気にブーストがかかるセッティングはまさにWRCウェポンであることを思い出させてくれます。一方のEvoluzione-IIはその味付けがマイルドになっているため、物足りなさを感じるオーナーもいるようです。

この個体は走行距離が少ないのが長所なのですが、残念ながらボディ塗装は経年劣化で随分とくたびれてしまっていました。そこであらかじめボディ全塗装を施し、リセットベース車として準備いたしました。
日常でストレスなく乗ることのできるWRCのチャンプマシン。新しいオーナーには是非、日常で使っていただきたいと思います。

クイック・トレーディング

本社
〒175-0082 東京都板橋区高島平6-2-10
TEL:03-3938-1775 / FAX:03-3938-1845
営業時間:10:00〜19:00 定休日:月曜、祝祭日(祝祭日が月曜日の場合は翌火曜日も休業)
http://www.quick-t.co.jp/ E-mail:quick@quick-t.co.jp
戸田ファクトリー
〒335-0031 埼玉県戸田市美女木4-18-18
TEL:048-421-2829 / FAX:048-421-2829
http://www.quick-t.co.jp/todaInfo.htm

新着ニュース

ニュース一覧