スペシャルショップ・ナビ

マットのLFAにXPELステルスフィルムで保護とより高い質感を

こんにちは、XPEL JAPANです。

今回はXPELプロテクションフィルム代理店のARTISAN様でレクサスLFAにステルスフィルムを施工する様子をレポートします。

こちらのLFAは純正でマットブラック塗装をチョイスされているのですが、実はマット塗装はとてもデリケートなのに、現状ではメンテナンスのしようがないという維持しづらい塗装なんです。しかし艶消しの表面テクスチャを持ったXPELステルスフィルムを施工すれば、マットな質感を保ちながら日々の手入れも容易に行うことができるようになります。

ARTISANの代表、丹野さんはカーラッピングの世界ではパイオニア的存在で、一般ユーザーだけではなく有名各社のデモカーやSUPER GTのレースマシンのカラーリングも担当されているベテランです。こちらのLFAはオーナー様からの『貼れる部分全てに施工する』とのご希望で、ほぼフルラッピング状態。既存の型が存在しない部分は新たに型取りから行っています。この型の製作もフィルムの特性を計算に入れて作る必要があり、高い熟練とセンスを要するのです。

通常の塗装と比べて何かと施工しにくいマット塗装ですがさすがにベテラン、独自の技術と芸術的な手さばきで驚くべきスピードと精度で施工していきます。マット塗装の上にマットフィルムを施工するので写真では仕上がりがわかりにくいですが、実車はちょうどクリア塗装を重ねたような感じで、色に深みが増しているのがわかります。ルーフ部分施工したツヤ有りのフィルムとの質感の違いもおわかりいただけるでしょう。

そしてさらにARTISANではオリジナルのフィルム用コーティング剤『ART-COAT』の施工も行っています。ART-COATはコーティング剤をフィルムを施工したボディ表面に均一に塗り広げ、すぐに柔らかな布で拭き上げるだけという手軽さです。写真下段の左が施工後、右下が施工前です。かかった水が玉のようになって弾かれているのがわかります。ART-COAT一般的なコート剤にはないUVカット剤が配合されていますので、プロテクションフィルムを退色や柔軟性の喪失など紫外線による劣化を防止する効果があります。施工したフィルムの性能を長期に渡って維持できるため、合わせての施工がオススメとのことです。(こちらはXPEL取り扱いの製品ではありませんので、お問い合わせはARTISANまで)

ARTISANではXPELのプロテクションフィルムの施工の他にもオリジナリティ溢れるフィルムラッピングによるモデファイ、そして施工後のケアまで、クルマ好きのこだわりに応えるメニューを取り揃えておられます。高いクオリティをお望みのプレミアムカーのオーナー様にも自信を持ってオススメできるショップですので、プロテクションフィルムの施工をお考えのオーナー様はお気軽にご相談ください。

■株式会社アルティザン
神奈川県川崎市高津区新作3-25-13
TEL:050-5865-9672
営業時間:月〜金:10:00〜17:00
定休日:土日・祝日
http://artisan-inc.jp/index.html
E-mail : aritisanhouse@me.com

エクスペル・ジャパン

神奈川県厚木市金田424
TEL:046-294-0488 FAX:046-295-0655
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土曜日、日曜日
http://xpeljapan.com https://www.facebook.com/XPELJAPAN/