[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

スペシャルショップ・ナビ

デュアロジック、ギアの入りがおかしいと感じたら・・・


カルト スポルトの上野です。

ディーラーでは非分解扱いで、不調になるとアッセンブリーでの交換になることが多かったデュアロジックやセレスピードなど、フィアット・アルファ系のロボタイズド・ミッションですが、「人間の作ったモノなんだから直せないわけがない」ということで、色々と試しながら研究した結果、不調になるメカニズムがかなり解明されてきました。その結果、症状や試走した感触からだいたいどのソレノイドバルブやセンサーが機能していないのかも把握できるようになってきました。

デュアロジック車の不調の主たる原因はシフトとクラッチを駆動するための油圧システムを動かす作動油を長い期間交換していないことがほとんどです。みなさん、ミッションオイルの方は比較的交換されるのですが、作動油の方はあまり交換されていないようですね。この作動油の劣化が色々と悪さをしますので、ミッションオイル交換と同時ぐらいの頻度でこの作動油を交換していれば、かなりコンディションを維持することが可能なんです。

こちらのパンダ2もエンジンが暖まってくると特定のギアが入らないとのことで入庫しましたが、内部の洗浄と動かなくなっていたソレノイドの交換で復活! エンジンを充分に暖機した後に走らせてみても変速はスムーズそのものです。

・・・とやっているとさらにもう一台やってきましたね。こちらは新車から4万キロの間作動油を交換しておらず、気になる症状が出てきたとのことでしたので、症状が軽い内にということでお預かりしました。試走した結果、どの辺りが悪いのかアタリも付きましたが、ちょっと厄介そうですね。

『イマイチ残念』の烙印を押されているデュアロジックやセレスピードですが、本調子だとものすごく良いミッションです。新車を買われた方はミッションオイル同様に作動油も交換することに気をつけてください。そしてすでに距離を走ってしまっているクルマの場合は、特定のギアの変速ショックが大きいなどの症状を感じたらすぐにご相談ください。アッセンブリー交換よりも出費を抑えることができるかもしれませんので・・・。

カルト

埼玉県草加市苗塚町449-5
TEL:048-925-2661 FAX:048-925-6661
営業時間:10:30〜20:00
定休日:火曜日、イベント開催日
http://www.cult.co.jp E-mail:[email protected]