スペシャルショップ・ナビ

VWニュービートル ABS修理

こんにちはJスクエア店長の永井です。

本日のご依頼は、VW ニュービートルABS修理でご来店です。

ブレーキシステム故障のコードが入力されていたので、まずはエアクリーナーボックスを外します。

写真2段目が修理するABSユニットです。

VW ニュービートルのABSの配管を外すと、ブレーキオイルがほぼ全て抜けてしまいます。
ブレーキ・リザーバータンク内のプレーキオイルを抜いてもだめです。

そこで最後に水で洗い流すのが必須!!!!
その後エアーで乾燥させてください。

ポンプと基盤部分を切り離します。

ボルト4本を外すと外れます。

星型をしているので、通常の6角形のボックスレンチを使うとネジがなめってしまうので注意!!

写真の工具、トルクスレンチ E5を使います。

ブレーキ・リザーバータンクが、カバーの下に入っており、ブレーキ圧送機がやっと入るぐらい。フットブレーキを使って、行うエア抜きのブレーキタンクを設置するにはワイパーアムやらいろいろ分解しないとだめです。

・マスターシリンダーにエアが混入してしまう場合の対処、、、修理工場さんにお願い!!

ニュービートルの場合 ABSユニットを外すときにブレーキマスターシリンダー内のブレーキがほぼ出てしまうためにマスターシリンダーのエア抜きの作業を最初にします。

マスターシリンダーの前後2箇所にブリーダーが付いているので、まずそこからエア抜きを始めてください。

圧送機を使っても、ブレーキキャリパーから抜く方法では何時間、何リットルのブレーキオイルを使ってもエアが抜けません。

後ろ側、前側2箇所エア抜きをしてください。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区佐江戸町347
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:9:00〜18:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:http://abs-repair.com Facebook「代表永井のプライベート」:https://www.facebook.com/jsquare.abs E-mail:jsquare6996@gmail.com

新着ニュース

ニュース一覧