スペシャルショップ・ナビ

アルファ156ツインスパーク バランスシャフトから振動


ミナーバの三和です。
エンジンから異音がするというアルファ156ツインスパーク。
 
 



診てみますと、バランスシャフト周りが怪しい。
バランスシャフト・ベルトのベアリングの動きにひっかかりがあり、
回りが渋くなっています。ベルトもズレてしまっています。

このベアリングを交換するとなると、エンジン・ミッションを降ろして
分解し、エンジンの内側からベアリングを抜き取る必要があり、
作業の手間も工賃もかなりのものになってしまいます。

バランスシャフトはクランクシャフトが発する振動を相殺するための機構で、
実はなくてもエンジンは動きます。実際、2リッタークラスの直4エンジンでは
バランスシャフトを備えないエンジンも数多く存在します。

お客様のご予算の問題もありますので、なくてもあまり問題のないバランスベルトは取り外し、
せっかくベルト周りがバラバラになっているので、ついでにタイミングベルトを交換することを
オススメいたしました。

もちろん、車両のオリジナルを重視するならば交換するのが常道ですが、
安全性や機能上問題がなければ、こういったご提案も可能です。

ミナーバ

神奈川県横浜市港北区新羽町476
TEL:045-540-7117 FAX:045-540-7118
営業時間:10:00~19:00(土曜日は18:00迄)
定休日:日曜日、祝祭日