スペシャルショップ・ナビ

E63型BMW M6/ABS修理・調整/コーディングが必要な場合も

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています
 
 


Jスクエアの永井です。

E63型BMW M6のABS修理を承りました。
 
 




E60系のABSユニットは左側の足元の下あたりに付いています。

ユニットの交換や修理には左側のインナーフェンダーを取り外します。

ユニットの修理後、ブレーキオイルの交換を行い、同時にBMW純正の診断機で

ブレーキオイル交換項目を実施します。ABSユニットのポンプを診断機で

駆動させ、ユニット内のエア抜きを行います。
 
 




続いて故障コードの確認と消去を行います。

ここで、DSCユニットの調整が必要なことがわかりましたので、調整を行いました。
 
 
ABSの修理後に故障コードを消去するだけでは正常に作動しないケースもあります。

ABSの設定や調整・コーディングが必要な場合もございます。

通常ですと、設定やコーディングの度にディーラーに行く必要がありますが、

当社に車両をお持ち込みで修理いただくと、これらの作業を自社内で行えるため、

非常に迅速に行えるため、修理代を抑えることが可能です。

https://bmw-jsquare.com/general-repair/abs-repair/2018-7-27/

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:jsquare6996@gmail.com